アストンマーティン新型「ヴァンテージ」発表! 空力性能を向上させた新デザイン

 
アストンマーティンは新型「ヴァンテージ」を発表! ティザー映像では、本能のまま生きる様々なハンターが登場し、新型「ヴァンテージ」の力強さが感じられます。空力性能を向上させた新デザインとテールライトが印象的なアストンマーティン新型「ヴァンテージ」の最新情報をお届けします。

目次

ニュース

アストンマーティン新型「ヴァンテージ」発表! 空力性能を向上させた新デザイン

2017年11月22日

アストンマーティンは、新型「ヴァンテージ」を11月21日に発表しました。デリバリー開始は2018年4月以降を予定しており、価格(税込)は、英国12万900ポンド〜、ドイツ15万4000ユーロ〜、米国14万9995ドル〜、日本1980万円〜です。
ヴァンテージ

画像引用:

新型「ヴァンテージ」の新デザイン

新型「ヴァンテージ」のボディは、短い前後のオーバーハングと筋肉質なサイド部分、幅広いリア部分が組み合わされ、俊敏性とダイナミズムが表現された純粋な彫刻のよう。空力性能がデザインコンセプトにあり、フロントスプリッターからディフューザーまで清浄な空気が流れるよう新設計されました。後端を跳ね上げたデッキリッドにより、ボディを流れる空気や空気圧が活用され、走行安定性を高めるダウンフォースを生み出しています。新しくデザインされたLEDヘッドライトとLEDテールライトの装着により、劇的なシグネチャーが形成され、さらに個性的な存在感を醸し出しています。
ヴァンテージ

画像引用:

インテリアには、テクニカルアーキテクチャーを集約したコンパクトなコンソールに、アルカンターラレザーシートが採用されスマートなスポーティさを感じさせる仕上がり。
ヴァンテージ

画像引用:

典型的なハンターのような新型「ヴァンテージ」の強さ

パワートレインは、新合金製の4.0LツインターボV型8気筒エンジンに、リアマウントZF8速ATを組み合わせ後輪駆動を採用しています。シャーシは、重量配分50:50となる最適な重心を可能にするため、できるだけ低く設定されました。それにより、最高出力510PS / 6000rpm、最大トルク685Nm / 2000-5000rpmを発揮し、最高速度は314km/h、0-100km/h加速は3.6秒を誇っています。
ヴァンテージ

画像引用:

新型「ヴァンテージ」には、アストンマーティン初となる電子リアディファレンシャル(Eデフ)を搭載。このディファレンシャルは、電子安定制御システムと連携して作動するため、車の挙動を精密に把握してエンジン動力を必要なホイールに適切に配分し、状況に応じた制御を可能としました。従来のLSDとは異なり、完全オープンから100%ロックまで数ミリ秒単位で制御でき、直線とコーナリングどちらもで車の性能を最大限引き出せるようになっています。

特別開発された最新のアダプティブ・ダンピングシステムを搭載しており、「Sport」「Sport Plus」「Track」から走行モードを選択。新型「ヴァンテージ」では、エンジン、トランスミッション、Eデフ、アダプティブ・ダンピング、電動パワーステアリングなどの各システムを統合したことにより、一括での最適化が可能に。それにより、さらに俊敏性と応答性が高められ、「ヴァンテージ」のドライビングは非常に心躍るものとなりました。
ヴァンテージ

画像引用:
全長×全幅×全高(mm) 4465×2153×1273
車両重量 1530kg
トランスミッション リアマウントZF8速AT
駆動方式 後輪駆動
エンジン 4.0LツインターボV型8気筒エンジン
最高速度 314km/h
0-100km/h加速 3.6秒
最高出力 510PS / 6000rpm
最大トルク 685Nm / 2000-5000rpm
車両販売価格(税込み) 19,800,000円〜

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする