【日産】次期「フェアレディZ」はメルセデス・ベンツと共同開発?!噂の真相に迫る

 
日産が世界に誇るスポーツカー「フェアレディZ」。9年ぶりにフルモデルチェンジを行う次期「フェアレディZ」ですが、今回はメルセデス・ベンツと共同で開発するとの情報が入ってきました!一時はSUVとして生まれ変わるとも言われていましたが...次期モデルはどんな姿になるのでしょうか。「フェアレディZ」の最新情報をお届けします。

日産「フェアレエディZ(海外名:370Z)」ニューヨークモーターショーで実車を披露

2017年4月7日

12日開幕のNYモーターショーにて日産「フェアレディZ ヘリテージ・エディション」の実車がお披露目となりました。

「フェアレディZ(海外名:370Z)」50周年記念モデルとなる「ヘリテージ・エディション」は先日公開された公式写真とイエローのボディで登場。鮮やかなコントラストとスポーティなフォルムを披露しました。こちらは今後の「フェアレディZ」のスタイルを示唆するモデルで次期「フェアレディZ」は同様の外観を得ることとなります。
北米では今年後半に発売予定とのこと。欧州向けの発売については秋開催のフランクフルトモーターショーで改めて発表があるようです。

ヘリテージ・エディション

画像出典:

参考動画

画像出典:
記事出典:

日産「フェアレディZ」に特別仕様車「ヘリテージ・エディション」追加を発表!50周年記念モデル

2017年4月06日

日産は「フェアレディZ」に特別仕様車「ヘリテージ・エディション」を追加すると発表しました。

「ヘリテージ・エディション」は「フェアレディZ」がシリーズ生誕50周年を迎えることを記念したモデルです。ヘッドライトやテールライト、グリルなどに新デザインが採用されており、2017年後半登場予定の「Z35型」をベースに製造されるとのことです。
エンジンは変更されないようですが、トランスミッションは6速MTと7速ATが用意され、MTモデルには新採用の「EXEDYハイパフォーマンスクラッチ」を搭載。ボディカラーは「シケインイエロー」と「マグネティックブラック」の2色をラインナップし、インテリアはイエローの差し色が際立つスポーティな仕様となっています。お披露目の舞台は4月12日開幕のニューヨークモーターショーが決定しており、アメリカでは春中には販売を開始するとのことですが、日本での発売については現在のところ不明となっています。
「フェアレディZ」 50周年イヤーとなる2019年にはまだ2年を残しており、今回の施策は第一弾とみていいでしょう。今後のサプライズにも期待です。

ヘリテージ・エディション

画像/記事出典:

「フェアレディZ ヘリテージ・エディション」スペック

エンジン 3.7ℓDOHC V6エンジン
最高出力 332ps
トランスミッション 6速MT/7速AT
出典:

新型「フェアレディZ」今年発表を予定

2017年1月12日

日産は、新型「フェアレディZ」の計画発表を2017年の東京モーターショーにて行う予定であることを明らかにしました。

新型「フェアレディZ」は、日産のCEOであるカルロス・ゴーン氏の強い希望により水面下で開発が進んでいるとのこと。これにより生産終了を予定する現行モデル「Z34型」に代わり、「Z35型」が誕生することになります。また、
現在では新型モデルの予想イメージ画像がいくつかリークされており、デザインは不確定ではあるものの、リアまで伸びる滑らかなボディラインにおいてはこれまでと同様に健在することは間違いないとされています。
パワートレインにおいては、メルセデス製となる3.0リッターV6型DOHC直噴ターボエンジン「276M30」が搭載され、最高出力は400psを発揮するとのこと。新型「フェアレディZ」は一体どのような姿で登場するのでしょうか?今から楽しみなところです。

日産 フェアレディZ

画像出典:,
記事出典:

日産「フェアレディZ」一部仕様を向上して発売

2016年8月10日

日産自動車は、8月9日、人気スポーツカーの「フェアレディZ」を一部仕様向上して発売することを発表しました。販売は同日から、全国で一斉に開始されます。

日産「フェアレディZ」

今回の一部仕様向上では、「バージョンST」「NISMO」「バージョンS」に、以下の機能が標準装備として追加されます。

グレード 今回追加される機能
バージョンST
NISMO
カーウイングスナビゲーションシステム
Bose@サウンドシステム(8スピーカー)
アクティブ・サウンド・コントロール
アクティブ・ノイズ・コントロール
バージョンS カーウイングスナビゲーションシステム

また、プレミアムサンフレアオレンジの代わりに、「Z34」型発売時に設定されていたプレミアムアルティメイトイエローを設定。以前より復活を望む声が根強かった人気色が、復活して登場します。
グレード別の価格は、このようになっています。

6MT
フェアレディZ バージョンST 499万6080円
フェアレディZ バージョンS 465万2640円
フェアレディZ 383万1840円
フェアレディZ NISMO 618万5160円
7M-ATx
フェアレディZ バージョンST 510万4080円
フェアレディZ バージョンT 463万9680円
フェアレディZ 390万9600円
フェアレディZ NISMO 629万3160円

人気色が復刻設定されたこともあり、またフェアレディZの注目度が高くなりそうです。

記事・画像出典:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする