【日産】新型「セレナ e-POWER」遂に販売を開始!次世代ミニバンのエースとなるか

 
日産の人気ミニバン「セレナ」に”e-POWER”を導入した「セレナ e-POWER」が遂に販売を開始しました!日産の代名詞とも言える自動運転技術「プロパイロット」はもちろんのこと、話題のワンペダル操作も搭載。史上最強のミニバンとなる日産「セレナ」の最新情報をお伝えします。

目次

ニュース

新型「セレナ e-POWER」遂に販売を開始!次世代ミニバンのエースとなるか

2018年3月1日

人気ミニバン「セレナ」に電動パワートレーン”e-POWER”を投入した新型「セレナ e-POWER」を、2018年3月1日から販売を開始すると日産が発表しました。

新型「セレナ e-POWER」は、同社の「ノート」で好評を得ている”e-POWER”を新たに搭載。”e-POWER”は、100%モーター駆動であるものの、ガソリンエンジンがバッテリー充電の役割を果たすため、EVモデルのような静粛性の高い走りを楽しむことが可能です。ガソリンを使用するのでEV特有のバッテリー切れを心配する必要がありません。
また、「マナーモード」と呼ばれるバッテリーのみで走行できる新機能を導入しており、深夜の住宅街でも騒音のないドライブを楽しめるのも魅力的です(マナーモード時の走行可能距離:約2.7km)。バッテリー(駆動用)容量は20%増の1.8kWhに引き伸ばされる他、26.2km/L(全グレード)というこれまでにない低燃費を実現しています。

日産 セレナ

画像出典:

内外装もフレッシュに

エクステリアでは、ブルーのアクセントがインパクトのあるVモーショングリルに加え、3本ラインからなるLEDテールランプ、ピアノ調黒艶のリアサイド・スポイラーを装備。ボディカラーにはミントホワイトパールが新たに追加されています。インテリアでも、スタータースイッチやメーターパネルといった部分にブルーカラーを採用。また、4層構造のセンターカーペットや遮音フィルム仕様のフロントガラスを採用するなど、従来よりも遮音性が大きく向上しています。

日産 セレナ

画像出典:

史上最強のミニバンが誕生へ

この他に、アクセルペダル一つで加速と減速が可能なワンペダル操作はもちろんのこと、日産の代名詞とも言える自動運転技術”プロパイロット”も搭載。先進技術がふんだんに投入された史上最強のミニバンとなった新型「セレナ e-POWER」ですが、ファミリー層だけでなく様々な世代で人気を呼ぶことは間違い無いでしょう。

画像出典:

新型「セレナ e-POWER」販売価格(税込)

e-POWER X 2,968,920円
e-POWER XV 3,128,760円
e-POWER ハイウェイスター 3,178,440円
e-POWER ハイウェイスター V 3,404,160円

新型「セレナ e-POWER」スペック

グレード ①セレナ e-POWER X
①セレナ X(S-HYBRID)
③ノート e-POWER X
エンジン ①直列3気筒DOHC 1.2リッター「HR12DE」
①直列4気筒DOHC 2.0リッター直噴「MR20DD」
③直列3気筒DOHC 1.2リッター「HR12DE
燃費 ①26.2km/L
②17.2km/L
③34.0km/L
最高出力 ①62kW(84PS)/6,000rpm※136PS(モーター)
②110kW(150PS)/6,000rpm※2.6PS(モーター)
③58kW(79PS)/5,400rpm※109PS(モーター)
最大トルク ①103Nm(10.5kgm)/3,200-5,200rpm※320Nm(モーター)
②200Nm(20.4kgm)/4,400rpm※48Nm(モーター)
③103Nm(10.5kgm)/3,600-5,200rpm※254Nm(モーター)
記事出典:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする