BMW「2002ターボ」レストア風景を紹介!新車同様の仕上がりに!

 
BMW「2002ターボ」は「2002tii」をベースに出力面が大きく改良された、BMW初のターボモデルです。生産台数は1672台と希少価値が高く、日本にはわずか110台しか輸入されていません。今回はBMW「2002ターボ」のレストア風景をご紹介します。

BMW「2002ターボ」1974年式モデルがレストア

BMW「2002ターボ」は「2002tii」をベースに出力面が大きく改良された、BMW初のターボモデルです。生産台数は1672台と希少価値が高く、日本にはわずか110台しか輸入されていません。今回はBMW「2002ターボ」のレストア風景をご紹介します。

BMW「2002ターボ」とは

BMW「2002ターボ」は、量産車として初めてターボチャージャーが搭載されている点が特徴的です。ベース車両は「2002tii」で、最高速度は211km/h、出力については30%アップしています。1973年より販売開始しましたが、第一次オイルショックの煽りを受けて1年間で生産中止しました。

BMW「2002ターボ」を動画で確認

画像出典:

車両状態は良好

BMW・2002ターボ

まずはリアスポイラーや前後バンパー、オーバーフェンダー等を取り外します。大きな腐食も無く年式の割に車両状態は良好です。ただ塗装については色落ちやムラが目立ちます。一旦塗装を全て剥がした後に塗り直していきます。

オリジナルに近いシルバーカラーに塗装

BMW・2002ターボ

「2002ターボ」にはシャモニー・ホワイトとポラリス・シルバーの2色がラインナップされていました。今回の車両はシルバーモデルで、なるべくオリジナルの状態に近づくようカラーリング処理が施されていきます。元々の車両状態が良好ということもあり、非常に美しく仕上がっています。

エンジンや各パーツも徹底的にレストア

BMW・2002ターボ

エンジンや補機類には新たに結晶塗装や耐熱塗装が施され、細部まで徹底的にレストアされています。さらにサスペンションアームやデフケースなども錆を除去した上で新たに塗装。ボルト及びナット類は互換品に交換されています。

新車並みの仕上がり

BMW・2002ターボ

画像出典:

今回のレストアは非常に丁寧な印象です。特にサスペンション周りもオリジナルに近い状態まで作りこまれている点は、さすがの一言です。ステッカーやデカール類も装着され、メッキパーツの曇りもなく鮮やかです。ホイールにはBBSの「RSシリーズ」からフロント7J×15インチ、リア8J×15インチのモデルが装着。リム単位まで分解してレストアされたものが使用されています。

レストア費用はなんと750万円とのこと。細部にこだわってレストアされているだけに費用も高額ですが、この完成度の高さは値段以上ではないでしょうか。レストア技術者の愛がこもった一台に仕上がっています。

BMW「2002ターボ」についての口コミ

生産終了した今でもなお、一部層からは厚い支持を集めているようです。

世界初の量産型ターボ車「BMW 2002ターボ」は、エアダムに鏡文字の「turbo 2002」という文字が書かれてた。バックミラーで見て初めて識別できる文字。「遅いクルマはどきやがれ」と言っているのだ。カッコいい。

でも、日本で渋滞を引き起こす原因になるような車はミラーなんか見ないんだよな。

— 歌犬 (@1wanko)

bmw 2002ターボですか?カッコイイですよね(^ ^)今は亡き父が母をコマす時に乗ってた車らしいです!w

— ムツ🌟ミ(^ ^) (@hdr623)

そう言えば今日葡萄坂の帰りにBMW2002ターボ走ってるの見たよ
旧車の排気の匂いってやっぱいいよね〜
オイルが燃えてるような匂い

— 如月楓 (@kaedeponkotu)

まとめ

BMW「2002ターボ」のレストアをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?レストアは技術者の腕や車両状態の良し悪しなどによって大きく仕上がりが変わります。今回のレストアについては腕の良い技術者で、かつ車への愛情も感じさせる仕上がりとなっています。かつて活躍したモデルが再び輝きを取り戻す光景は嬉しいものですね。

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする