cosmetic-dentistsマガジン

【スバル】新型「フォレスター」にSTIが設定される?!予想レンダリング画像が公開

Contents

目次

ニュース

新型「フォレスター」にSTIが設定?!予想レンダリング画像が公開

2018年4月10日

ニューヨーク・モーターショーにて初披露された5代目の新型「フォレスター」。今回は、そのSTI仕様がレンダリング画像として公開されています。

このレンダリング画像を伺うと、新型「フォレスター」にSTIお馴染みのWRブルーパールのボディカラーを施す他、大径ホイール、ブレンボ製ブレーキキャリパーが装着されていることがわかります。また、フロント周りのデザインもスポーティーに仕立て上げており、赤のアクセントが一際目立つ一台と言えるでしょう。

新型「フォレスター」に関しては、既にアウトドア派のドライバーのために設定したスポーツグレードが存在。そのため、STI仕様を導入する可能性が低いと言われていますが、これが実現すればファンにとっては嬉しいニュースとなりそうです。

画像/記事出典:

新型「フォレスター」遂に世界初披露!2018年夏頃に販売へ

2018年3月29日

6年ぶりにフルモデルチェンジが施された新型「フォレスター」が、ニューヨーク・モーターショーにて遂に初披露されました。

5代目になる新型「フォレスター」は、”インプレッサ”と同様のSGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用。エクステリアでは、スバルのデザイン言語でもある「ダイナミック×ソリッド」をボディ全体に落とし込み、現行モデルよりもアグレッシブなスタイリングへと進化しています。

画像出典:

質感を向上させたインテリア

インテリアでは、インパネとセンターコンソールを繋げたことにより操作性をアップ。「フォレスター」ならではの開放的な室内空間にブラックとグレー(標準モデル)のアクセントカラーを取り入れたことで、SUVの力強さにスタイリッシュさが加わった形です。ラゲッジスペースは最大1300mmと、ミッドサイズSUVクラスの広さを実現。

画像出典:

最新安全装備も搭載

安全面では、乗員認識技術”ドライバーモニタリングシステム”を初採用。これはドライバーを監視することで脇見・居眠り運転の兆候があるとシステムが反応し、事前に事故を防止することが可能とのことです。また、シートポジションやドアミラーの角度調整を登録すれば、自動的に調整できる画期的な機能も導入されているそうです。

画像出典:

2018年夏頃に日本にて販売へ

パワートレインは、最高出力185psを発揮する2.5リッター水平対向4気筒エンジンを搭載。また、約90%のパーツを一新させたため、現行モデルよりも環境性とパワーが向上されています。新型「フォレスター」は、2018年秋頃にアメリカにて販売されるそうですが、日本では一足早く夏頃に登場するようです。一体、どんな乗り心地となるのか早くも試乗してみたいところです。

新型「フォレスター」のスペック

エンジン 2.5リッター水平対向4気筒DOHC
総排気量 2498cc
最高出力 182hp/5800rpm
最大トルク 176lb-ft/4400rpm
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4625mm×1815mm×1730mm(※ルーフレール無し:1715mm)
記事出典:

新型「フォレスター」のカタログ画像がリーク!まもなく世界初披露

2018年3月20日

3月28日にワールドプレミアを行う新型「フォレスター」ですが、公開直前にカタログ画像がリークされました。

今回リークされたカタログ画像では、現行モデルよりもスタイリッシュになったフロントマスクに加え、先日のティーザー画像でも明らかになったC字型のテールランプを確認することが可能。以前からコンセプトモデル「ヴィシヴ7」のデザインが施されると言われてきましたが、大口のエアダクト以外に斬新な変更は行われていないようです。
ホンダ「ヴェゼル」やマツダ「CX-5」が最大のライバルとなる新型「フォレスター」ですが、インテリアや安全性能はどんな進化を遂げるのか今から楽しみなところです。

画像/記事出典:

新型「フォレスター」は3月末に世界初披露!公式ティーザー画像を先行公開中

2018年3月15日

6年ぶりにフルモデルチェンジを行うスバルの新型「フォレスター」。29日に開幕するニューヨーク・モーターショーにて世界初披露されることが明らかになりました。

第5世代モデルとして期待が高まる新型「フォレスター」は、「インプレッサ」と同じく最新のプラットフォーム”SGP”を採用し、現行モデルよりも室内スペースが拡大されるとのことです。
また、事前に公開された公式ティーザー画像では、C字型の立体的なリヤテールランプを確認することが可能。フルLEDは採用していないようですが、コンセプトモデル”ヴィジブ7″のデザインをボディ全体に施すと言われています。

画像出典:

2018年後半に販売へ

パワートレインは、CVTを組み合わせた2.0リッター水平対向4気筒エンジンを搭載。機能面では暖房付サイドミラー、プレミアムサウンドシステム、自動ヘッドライトといった利便性を追求した内容になるようです。
2018年後半に販売する新型「フォレスター」は、一体どんな顔つきへと変化するのでしょうか。ニューヨーク・モーターショーの登場が待ち遠しいところです。

▲コンセプトモデル「ヴィシヴ7」

画像出典:
記事出典:

新型「フォレスター」に新プラットフォーム「SGP」を採用へ!

2017年8月10日

フルモデルチェンジを予定しているスバルの新型「フォレスター」。今回は、そのプロトタイプの姿をキャッチしました。

ソリッド感が増したボディスタイルが特徴的な新型「フォレスター」は、ユニット型の次世代プラットフォーム「SGP」を採用。現行モデルからボディサイズを拡大したことにより、安定感のある走りを実現するだけでなく後部座席に広々としたスペースが確保されるなど、快適性にこだわったSUVに仕上がるとのことです。また、オンロード走行でのハンドリング性を追求するため、ねじり剛性を70%向上。パワートレインにおいては水平対向4気筒ユニットにFR専用となるモーターが組み合わせられることが予想されています。
新型「スバル」では2018年後半にPHVモデルの導入も噂されていますが、低迷している欧州でのシェアを拡大することができるのか気になるところです。なお、欧州でのデビューは2019年に設定されています。

画像/記事出典:

「フォレスター」に特別モデルが登場!

2017年5月23日

人気モデル「フォレスター」に黒を基調とした特別モデル「フォレスター ブラック エディション」を設定して販売することを、スバル・オブ・アメリカが発表しました。

この特別モデル「フォレスター ブラック エディション」は、「2.5i プレミアム」モデルに限定で追加。フォグランプやフロントグリル、ミラーカバーの他、18インチのアロイホイールもブラックカラーで仕立て上げられており、通常モデルよりもダイナミックな一台となっています。
インテリアにおいては、エクステリア同様にブラックカラーで統一。クローム仕上げのドアハンドルが高級感を漂わせており、ステアリング・ホイールやシフトノブにはアクセントとしてシルバーのステッチが施されています。
機能面では、ステアリング操作と連動の「LED ステアリング・レスポンシブ・ヘッドライト」、「オールウェザー・パッケージ」を標準で装備し、SUVとしての利便性も意識。
ボディカラーは、「クリスタル・ブラック・シリカ」の他、「ダーク・グレイ・メタリック」、「クリスタル・ホワイト・パール」、「アイス・シルバー・メタリック」と個性的なカラーがそれぞれ用意されているとのことです。

ファンには堪らない特別モデル「フォレスター ブラック エディション」ですが、ブラックカラーを好むアメリカでも人気を呼ぶことは間違いなさそうです。

画像/記事出典:

スバル「フォレスター」を一部改良、アイサイトVer3標準搭載へ

2017年3月15日

スバルはSUVモデル「フォレスター」の一部改良を発表しました。

今回の改良では従来の「2.0i」を廃止し、 エントリーグレードとして「2.0i アイサイト」を新設定。これにより、CVT車全てにアイサイトが標準装備されることとなりました。また、アイサイト自体もVer3へと進化しており「アクティブレーンキープ」の作動領域を「65km/h以上」から「60km/h以上」に拡大することでドライバーの負担をさらに軽減することに成功しています。

Xブレイクにはカラーアクセント仕様を新設定

人気グレード「Xブレイク」においては「カラーアクセント仕様」を追加。フォグランプとサイドクラッキングにオレンジの装飾が施され、ルーフレールはブラックに。ホイールもダークグレーメタリックカラーに塗装されるなど、その名のごとくアクセントが際立つタフで躍動感あふれる仕上がりになっています。
価格はエントリーグレード「2.0iアイサイト」が241万9200円と、以前より最低価格が約27万円値上がりしていますが、そのほかのモデルにおいては若干の上昇にとどまり、「Xブレイク」については据え置きです。販売開始は4月3日からとなっています。

「フォレスターXブレイク カラーアクセント仕様」

画像出典:

スバル新型「フォレスター」価格一覧

2.0iアイサイト 241万9200円
2.0i-L 258万1200円
2.0i-Lアイサイト 268万9200円
Xブレイク 275万4000円
Xブレイク カラーアクセント仕様 294万8400円
S-Limited 289万4400円
2.0XT アイサイト 316万1160円
記事出典:

スバル「フォレスター」が3月にマイナーチェンジを予定!

2017年1月26日

スバルの主力モデル「フォレスター」がマイナーチェンジを施し、新型モデルを今年3月に投入するとの情報が入ってきました。

現行モデル(D型)から一部改良が施されるスバル「フォレスター(E型)」は、「アイサイトver3」内の機能が変更される模様。具体的には、自動的に車線から車がはみ出さないように制御する車線逸脱抑制機能「アクティブレーンキープ」の速度設定が65km以上から60km以上になるとのことです。また、最もリーズナブルなグレード「2.0i」が排除されることに従い、全グレードに「アイサイトver3」が標準で装備されることも明らかになっています。その他、内外装において変更点はないものの、安全性能が向上される新型「フォレスター」がどんな乗り心地となるのか期待したいところです。なお、フルモデルチェンジは2018年頃に予定しているとのことです。

画像出典:
記事出典:

スバル「フォレスター」に特別仕様車「フォレスター スタイル モダン」を新たに設定

2016年10月5日

スバルは、SUV車「フォレスター」に特別仕様車「フォレスター スタイル モダン」を新たに設定し、全国販売を開始しました。

この特別仕様車「フォレスター スタイル モダン」は、2Lエンジンを搭載する「2.0i-L EyeSight」をベースに製造。水平対向(ボクサー)エンジン搭載車の発売50周年を記念モデルとなり、「ブラウン レザー セレクション」に続く第6弾モデルとなります。インテリアでは、シートやドアトリム等にブルーグリーンステッチをアクセントにし、ウルトラスエード生地及び合成皮革素材を採用。インパネ部分にもクロスメッシュ+シルバー塗装を施すなど快適な室内空間に特別感をプラスした形となっています。エクステリアでは、サイドウィンドウやサイドクラッディングにクロームモールを装着しています。
販売価格は280万8000円〜の設定となります。

画像・記事出典:

スバル「フォレスター」に特別仕様車「ブラウン レザー セレクション」が登場

更新:2016年07月13日
スバルは、水平対向(ボクサー)エンジンを搭載した車両の発売50周年を記念し、「フォレスター」に特別仕様車として「ブラウン レザー セレクション」の発売を開始しました。

概要

スバル「フォレスター」ってどんな車

スバル「フォレスター」は1997年に販売されプラットフォームを同社の「インプレッサ」と共有するクロスオーバーSUVです。オン/オフロードの両シーンで活躍する優れた性能を持ち、スバルこだわりの縦置き水平対向エンジンと四輪駆動で構成される「シンメトリカルAWD」を採用しています。

出典:

スペック

新型「フォレスター」のスペックとライバル車比較

エンジン 2.5リッター水平対向4気筒DOHC
総排気量 2498cc
最高出力 182hp/5800rpm
最大トルク 176lb-ft/4400rpm
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4625mm×1815mm×1730mm(※ルーフレール無し:1715mm)
出典:

4代目「フォレスター」

エンジン 2.0リッター DOHC
(2.0i/2.0i-L/2.0i iSight/X-BREAK/S-Limited)
2.0リッター DOHC 直噴ターボ“DIT”
(2.0XT EyeSight)
最高出力 109kW(148PS)/6200rpm
(2.0i/2.0i-L/2.0i iSight/X-BREAK/S-Limited)
206kW(280PS)/5700rpm
(2.0XT EyeSight)
最大トルク 196N・m(20.0kgf・m)/4200rpm
(2.0i/2.0i-L/2.0i iSight/X-BREAK/S-Limited)
350N・m(35.7kgf・m)/2000-5600rpm
(2.0XT EyeSight)

ブラウンレザーセレクション

エンジン 2.0リッター DOHC
(S-Limited ブラウンレザーセレクション)
2.0リッター DOHC 直噴ターボ“DIT”
(2.0XT EyeSight ブラウンレザーセレクション)
最高出力 109kW(148PS)/6200rpm
(S-Limited ブラウンレザーセレクション)
206kW(280PS)/5700rpm
(2.0XT EyeSight ブラウンレザーセレクション)
最大トルク 196N・m(20.0kgf・m)/4200rpm
(S-Limited ブラウンレザーセレクション)
350N・m(35.7kgf・m)/2000-5600rpm
(2.0XT EyeSight ブラウンレザーセレクション)
出典:

ライバル車:日産「X-TRAIL」

エンジン DOHC筒内直接燃料噴射直列4気筒
最高出力 108kW(147PS)/6000rpm
最大トルク 207N・m(21.1kgf・m)/4400rpm
出典:

燃費性能

スバル「フォレスター」の燃費とライバル車比較

新型モデルの燃費は公表されていません。

4代目「フォレスター」

燃費 16.0km/L
(2.0i/2.0i-L/2.0i iSight/X-BREAK/S-Limited)
13.2km/L
(2.0XT EyeSight)

ブラウンレザーセレクション/スタイル モダン

燃費 16.0km/L
(S-Limited ブラウンレザーセレクション)
13.2km/L
(2.0XT EyeSight ブラウンレザーセレクション)
出典:

ライバル車:日産「X-TRAIL」

燃費 16.4km/L
出典:

インテリア

新型「フォレスター」のインテリア

新型「フォレスター」は、インパネとセンターコンソールを一新させたことで操作性が向上。開放感ある広々とした空間にアグレッシブなデザインが施されています。

出典:

4代目「フォレスター」のインテリア

インテリアは、シルバーフレームにピアノブラック調のインパネをはじめ、インパネセンタートレイ及びドアグリップに表皮が採用されています。その他、カラー液晶マルチインフォメーションディスプレイにより「アイサイト」や「SI-DRIVE」等の運転サポートの機能も充実しています。(2.0iを除いた全グレードに搭載)

「ブラウン レザー セレクション」のインテリア

特別空間のインテリアは、車種名の通り、ブラウンカラーをレザーシートやドアトリムに取り入れシックな仕上がりになっています。
ドアスイッチパネル、リアシートセンターアームレストではピアノブラック調のシルバーフレームを採用。
機能面では、「高触感本革巻ステアリングホイール(シルバーステッチ)+ステアリングヒーター」と呼ばれる、スバル初のステアリングホイールにヒーターを装備し、一層快適なドライブとなるよう配慮がなされています。
その他、ラゲッジルームの自動開閉機能のパワーリアゲートを標準装備し、安全面ではアドバンスドセイフティパッケージによるサポートがなされています。

エクステリア

新型「フォレスター」のエクステリア

「フォレスター」の無骨なデザインはそのままに、新型モデルではソリッド感のあるスタイルを取り入れたことで新たな顔つきへと進化しています。

出典:

4代目「フォレスター」のエクステリア

全体的にドッシリとしたエクステリアを特徴としているスバル「フォレスター」。リアコンビランプにはコの字型をモチーフにキレのあるデザインを採用。アルミホイールには17インチ仕様となり、燃費性能と空力性能を考えた仕組みを取り入れています。ボディカラーは、全8色とカラーバリエーションも豊富に揃えています。

価格

スバル「フォレスター」の販売価格

ブラウンレザーセレクション

スタイル モダン 280万8000円
S-Limited ブラウンレザーセレクション 313万2000円
2.0XT EyeSight ブラウンレザーセレクション 331万2360円

スバル「フォレスター」

フォレスター 2.0i 214万9200円
フォレスター 2.0i-L 258万1200円
フォレスター 2.0i-LEyeSight 275万4800円
フォレスター X-BREAK 258万1200円
フォレスター S-Limited 289万4400円
フォレスター 2.0XTEyeSight 312万8760円
出典:

ライバル車:日産「X-TRAIL」

販売価格 2,238,840円〜
出典:

販売時期

新型「フォレスター」は、2018年夏頃に販売を開始します。

スバル車最新ニュース

画像出典:
У нашей организации популярный веб портал со статьями про лазерная эпиляция в киеве https://botoxclub.com.ua/uslugi/lazernaya-epilyatsiya
vorteleather.com.ua

источник etalon.com.ua