ジープ「グランドワゴニア」開発中止の可能性も!開発費の捻出が困難

 
渋いウッドなデザインを持つジープ「グランドワゴニア」。これまで、新型モデルとして2019年に復活するという噂が出ていましたが、現在は開発費の捻出が困難な状態であるためお蔵入りになる可能性が浮上...!。特にボディフレーム開発に多額の費用がかかる点が原因とのことですが、本当に開発は断念したのでしょうか。新型「グランドワゴニア」の最新情報をお届けします。

ニュース

ジープ「グランドワゴニア」開発中止の可能性も!開発費の捻出困難

2017年12月22日

ジープ・グランドワゴニア

画像出典:

ジープ「グランドワゴニア」について、現在は開発費の捻出が困難な状態にあることが判明しました。2017年1月には「グランドワゴニア」の生産が遅延状態にあるのでは、と一部で噂されていました。しかし現在は開発自体ストップしているようです。

特に、ボディフレーム開発に多額の費用がかかる点が原因とのことです。しかしジープはラインナップの拡大を重要な戦略の一つとして考えており、予定を後ろ倒しにしても開発は続けるものとみられます。

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする