ジープ 「グランドチェロキー」25周年記念モデルが登場!125台限定で6月9日に販売へ

 
生誕25周年を迎えたジープの最強SUV「グランドチェロキー」。そんな一台に特別記念モデル"スターリングエディション"が新たに設定され、日本でも6月9日から販売されることが決定しました!随所にシルバー加工を施した限定モデルの内容とは...?世界トップクラスの走行性を誇る「グランドチェロキー」のスペックや販売価格等、最新情報をお届けします。

ジープ新型「グランドチェロキー トラックホーク」の過激カスタムが話題

2018年4月27日

ジープ・トラックホーク

画像出典:

アメリカ・テキサス州にあるヘネシー・パフォーマンスが、ジープ「グランドチェロキー トラックホーク」をカスタムしたことが一部車好きの間で話題となっています。ヘネシー・パフォーマンスは、過激カスタムを施す有名チューニングメーカー。今回も過激な一台に仕上がっています。

ステンレス製ロングチューブヘッダーや高流量スーパーチャージャー・バイパスベント、大流量エア誘導システムなどがカスタムされ、最高出力は1,012hp、最大トルクはなんと1,313Nm。さらに0-100km/hは2.8秒で0-200km/hは10.5秒と、まさに化け物クラス。下記動画よりその様子の一部が確認できます。

▼参考動画

画像出典:

ジープ 新型「グランドチェロキー」に高性能モデル「トラックホーク」設定!

2018年2月22日

グランドチェロキー・トラックホーク

画像出典:

ジープは「グランドチェロキー」に「トラックホーク」を設定し、1月25日より受注開始しました。「トラックホーク」は高いオフロード性能に加えて、スーパーカー並みの走行性能を誇る高性能SUV。特に加速性能については世界トップクラスを誇ります。

エクステリアは、イエローカラーのブレンボ製ブレーキキャリパーや20インチアルミホイールの搭載が特徴的。タイヤにはピレリ製295/45ZR20 BSW ALL SEASONが装着されています。さらにビルシュタイン製アダプティブダンピングサスペンションが採用され、路面状況問わず安定した走行が可能となっています。また伝統的な台形ホイールアーチなどは引き継がれており、ジープらしさを残しつつも新たな表情に仕上がっています。

そして、インテリアについてはレーシングカーを意識した作りとなっています。特にメーター類の配置や細部に施された金属パーツなどは、ドライバーの運転欲求を掻き立てます。またシートのボルスター形状についても見直され、ドライバーの体格問わず快適な運転姿勢が保たれるよう改良されています。ボディカラーは9色ラインナップ。販売価格は税込みで12,300,000円です。

▼スペック詳細

エンジン 6.2リットルV8スーパーチャージャーエンジン
トランスミッション 8速AT
総排気量 6,166cc
最高出力 717ps(527kW)/6,000rpm
最大トルク 875N・m(89.2kg・m)/4,800rpm
0-100km加速 3.5秒
最高速度 290km/h
出典:

ジープ最上級モデル「グランドチェロキー トラックホーク」が公開

2017年4月11日

ジープは新型「グランドチェロキー トラックホーク」を発表しました。

今回発表された「グランドチェロキー トラックホーク」は、シリーズ最上位に位置するモデル。4月14日開催のニューヨーク・モーターショーにて実車が初披露されます。
最強のジープとも言われるトラックホークにはパワートレインに⒍2ℓV8スーパーチャージドエンジンを搭載。そのスペックは最高出力717ps、最大トルク874Nmと驚異的です。また、最高速度は289km/hで、0-97km加速はアストンマーティンの限定モデル「バンキッシュ ザガート」と同タイムの3.5秒と、スポーツカー顔負けの走行性能を誇ります。
最強のSUVの名高いベントレー「ベンティガ」にはトルクと最高速こそ劣りますが、最高出力では109psの差をつけ、0-97km/h加速に至っては0.5秒も勝っていますからその凄さがわかります。

トラットホーク

画像出典:

優れた性能を持つ一台に

駆動方式は4輪駆動となり、トランスミッションには8速ATを採用。電子制御式スリップ・デファレンシャルと改良されたリア・アスクルの搭載により優れた加速を発揮し、状況に応じて5つの走行モードの使い分けが可能となっています。
外観ではバンパーなどフロント部分に意匠が施され、4本出しとなったマフラーが特徴的。本革仕様のインテリアは7インチのメータークラスターとスマホ連動の大型のタッチスクリーンを搭載しています。
導入場所や時期は不明ですが、価格は1036万円程度とのこと。クレイジーとも言える程のスペックを手に入れた「グランドチェロキー トラックホーク」は今後どのようなポジションを築いていくのでしょうか?ニューヨーク・モーターショーでの初披露が楽しみです。

画像出典:

ジープ新型「グランドチェロキー トラックホーク」スペック

エンジン ⒍2ℓV8スーパーチャージドエンジン
最高出力 717ps
最大トルク 874Nm
最高速 289km/h
0-97km/h加速 3.5秒
駆動方式 4WD
トランスミッション 8速AT
記事出典:

生まれ変わった新型「グランドチェロキー」が日本販売開始

2017年2月17日

ジープは、マイナーチェンジを施した新型「グランドチェロキー」を3月4日から日本で販売することを発表しました。日本仕様モデルとして国内で導入されてから2度目のマイナーチェンジとなる新型「グランドチェロキー」は、内外装において大きく一新されています。
エクステリアでは、伝統的なスタイルを持つ「セブンスロットグリル」の高さを短く調整。また、フロントグリル周りやヘッドライトベゼルには、ダークな印象を与えるブラックカラーを採用し、より高級感のある顔つきへと進化させています。
1番グレードの低いモデル「ラレード」にはアイドリングストップを導入させ、リアバックアップカメラを標準で装備。中間モデル「リミテッド」では「アダプティブクルーズコントロール」や「自動ブレーキ」といった安全装備に強化が図られ、最上級モデルとなる「サミット」はスタート&ストップシステム付きの3.6リッターエンジンが新たに導入されています。全グレードで燃費を8.6km/Lから9.6km/Lへと改良されているのも魅力の一つです。

グランドチェロキー

画像出典:

特別モデル「アルティテュード」も200台限定でラインナップ

今回の新型「グランドチェロキー」では、渋みのあるブラックカラーを採用した特別モデル「アルティテュード」も200台限定で販売。「ラレード」をベースに製造され、外装だけではなく内装もブラックカラーを取り入れ、スエードとレザーで構成されるコンビシートにより特別感を味わうことが出来ます。また、リアバックアップカメラ、エアサスペンションも搭載され装備面も充実。この特別モデルも3月4日から販売開始とのことです。

グランドチェロキー アルティテュード

画像出典:

新型「グランドチェロキー」グレード別販売価格

「ラレード」 4,946,400円
「リミテッド」 5,994,000円
「サミット」 6,642,000円
「アルティテュード」 5,130,000円

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする