cosmetic-dentistsマガジン

メルセデス・ベンツ「Gクラス」に特別モデル設定!4月4日より販売開始

Contents

目次

ニュース

メルセデス・ベンツ「Gクラス」に特別モデル設定!4月4日より販売開始

2018年4月16日

メルセデス・ベンツが現行「Gクラス」に特別モデルを設定し、4月4日より販売開始しました。特別モデルは「G350dヘリテージエディション」と「G550 デジーノマグノエディション」の二モデルで、ともに463台のみの限定生産。販売価格は税込みで「G350dヘリテージエディション」が1190万円、「G550 デジーノマグノエディション」が1780万円です。

▼「G350dヘリテージエディション」

●特別装備(エクステリア)
・ブラックペイント18インチ5ツインスポークアルミホイール
・ナイトパッケージ※(ルーフ、ドアミラー、サイドアンダーミラー、フロントバンパー、リアバンパー、オーバーフェンダー、サイドストリップ、リアホイールカバーリング、リアビューカメラトリムがオブシディアンブラック)
・スライディングルーフ

●特別装備(インテリア)
・本革シート(前席・後席 シートヒーター付)
・Heritage Editionプレート(センターコンソール)

▼「G550 デジーノマグノエディション」

●特別装備(エクステリア)
・designoマグノプラチナムマット
・マットブラックアクセント(リアホイールカバーリング・フロントグリルルーバー)
・ブラックサイドストリップ
・LIMITED EDITIONバッジ

●特別装備(インテリア)
・designoレザーシート(ホワイトステッチ入、前席・後席シートヒーター付)※
・Schocklエンボス入センターアームレスト
・LIMITED EDITIONイルミネーテッドステップカバー
・designoピアノラッカーウッドインテリアトリム
・シートベンチレーター[前席]
・マルチコントロールシートバック[前席]
・AMGパフォーマンスステアリング(ナッパレザー/DINAMICA)
・designoブラックDINAMICAルーフライナー
・ブラックレザーグラブハンドル

画像出典/出典:

メルセデス・ベンツ新型「Gクラス」に「AMGライン」設定!2018年後半登場

2018年2月13日

画像出典:

メルセデス・ベンツは1月に開催されたデトロイトモーターショーにて、新型「Gクラス」に「AMGライン」を設定すると発表しました。「Gクラス」をベースに専用パーツでカスタマイズが施され、スポーティな一台に仕上がっているようです。

エクステリアには20インチアルミホイールやスポーツエグゾーストなどが装備。そしてボディの各部にはアルミパーツが取り付けられ、ホイールアーチが広くとられている点も特徴的です。そしてインテリアはナッパレザー仕上げとなっており、ブラックを基調とした高級感ある印象。また細部には赤いステッチがアクセントとして効いています。おそらく2018年後半に登場するものとみられています。

メルセデス・ベンツ 新型「Gクラス」初披露!Gモードを搭載し走破性向上

2018年1月15日

画像出典:

1月15日にアメリカで開催されたデトロイトモーターショーにて、メルセデス・ベンツの新型「Gクラス」が初披露されました。初代「Gクラス」は1979年に登場し、今回の新型「Gクラス」は実質2世代目モデルとなります。

エクステリアは「Gクラス」らしいゴツゴツとした男らしい仕上がりとなっています。特に外板のクオリティが向上しており、ドア開閉時の音にも拘っているとのこと。またボディにはアルミ構造が採用され、ねじり剛性も強化されている模様です。一方インテリアは十分な室内スペースを確保しつつも大型ディスプレイを採用するなど、機能面が向上している様子です。

その他にも、オフロード専用走行モード「Gモード」が搭載されている点も特徴的です。これによって路面環境問わず力強い走りが可能となっています。

▼スペック詳細

グレード G500
エンジン 4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボ
最高出力 422hp
最大トルク 62.2kgm

メルセデス・ベンツ 新型「Gクラス」試乗動画が公開!発表は1月15日

2018年1月12日

画像出典:

メルセデス・ベンツの新型「Gクラス」について、試乗テストの様子が公開されました。テストが行われた場所はオーストラリアのグラーツ。今回の試乗テストのためにテストコースが設けられたとのことです。

試乗レポートによると、先代モデルより走行時の快適性が向上しているとのことです。特にサスペンションについては大きく改良が施されている模様です。AMGも開発に携わっており、フロントサスペンションはダブルウィッシュボーンへ変更されています。さらにストラットブレースも強化され、「Sクラス」レベルの快適性を誇る一台に仕上がっているようです。

また走行機能「Gモード」が搭載され、オフロードでの安定性も向上しています。さらにフロントカメラも搭載されており、オフロード・オンロードともに活躍しそうです。発表は1月15日に開催されるデトロイトモーターショーを予定しています。

▼試乗テストの様子

画像出典:
画像出典:

新型「Gクラス」の公式カタログ画像がリーク!

2018年1月5日

2018年1月15日のデトロイト・モーターショーにて初披露を予定している新型「Gクラス」。今回は、その新型モデルの公式カタログ画像がリークされました。

新型「Gクラス」のリーク画像を伺うと、伝統のスクエアなボディスタイルは先代モデルから継承される模様。大きな変更が無いように見えますが、フロントバンパーには2012年に公開された”Gフォース・コンセプト”に似た新デザインが採用されています。フロントフードやモール、ドアミラーといった部分も丸い形状になっている他、ハイマウントストップランプも新たに追加されています。インテリアにおいては、後部座席を150mmほど延長するため、従来よりも広々とした室内空間になることは間違いでしょう。直列6気筒ツインターボエンジンが搭載されると言われている新型「Gクラス」ですが、最終的にどんな仕様となるのか気になるところです。

画像/記事出典:

公式ティーザー動画

画像出典:

メルセデス・ベンツ「Gクラス」から特別限定モデル2種販売開始!

2017年11月22日

画像出典:

11月21日よりメルセデス・ベンツ日本は、「Gクラス」の特別モデル「G350d デジーノ・マヌファクトゥーア・エディション」と「G63 エクスクルーシブ・エディション」の販売を開始したことを発表しました。ともに限定モデルで、「G350d デジーノ・マヌファクトゥーア・エディション」が200台、「G63 エクスクルーシブ・エディション」が63台のみの販売です。

まず、「G350d デジーノ・マヌファクトゥーア・エディション」は「G350d」をベースとしており、エクステリアには各所にブラックのアクセントが、インテリアには各所にレッドのアクセントが取り入れられたモデルに仕上がっています。ボディカラーは全3色展開です。

次に、「G63 エクスクルーシブ・エディション」は「G63」をベースとしており、エクステリアには21インチアルミホイールが新たに採用されています。そしてインテリアは全3種のカラー設定がされており、スポーティーな雰囲気に仕上がっています。またボディカラーには「モンツァグレーマグノ」が採用されています。

販売価格は「G350d デジーノ・マヌファクトゥーア・エディション」が1269万円、「G63 エクスクルーシブ・エディション」が2300万円です。

新型「Gクラス」のインテリアはコレだ!2018年1月に初披露予定

2017年11月14日

現在開発中の新型「Gクラス」ですが、今回はカモフラージュのないインテリアの様子がキャッチされました。

新型「Gクラス」は、外観に大きく変化はないものの、横幅が拡大されることで室内スペースに余裕が生まれることが確定しています。インテリアのデザインは、現行モデルよりもシンプルな構造となり、エアコンの吹きだし口はフィンタイプヘと進化。メタリックパーツもふんだんに採用されている他、中央に設置された大型のディスプレイもインパネ内に組み込まれます。これまで、「Sクラス」のような豪華な空間になると予想されていましたが、最終的にはオフローダーらしさを表現した内容になることは間違いなさそうです。

画像/記事出典:

新型「Gクラス」の最新プロトタイプをキャッチ!初披露前に公式動画も公開

2017年11月10日

デトロイト・モーターショーにて初披露すると噂されている新型「Gクラス」ですが、今回は現行モデルと走行するプロトタイプの姿がキャッチされました。

新型「Gクラス」では、従来通りラダーフレームを取り入れる他、四輪独立懸架サスペンションを採用。また、LEDヘッドライトとテールランプを新たに装着することになっていますが、AMGモデルでは”AMG GT R”にも採用されているメッキフィンを縦に設定した”パナメリカーナ・グリル”を導入することが噂されています。エンジンにおいては、直列6気筒ターボに加え、4リッターV8ツインターボ(AMGモデルのみ)がラインナップされるとのことです。

キャッチされた画像を伺うと、現行モデルとそれほど変更点がないように見えますが、車幅が約10cmほど拡大されるため、室内空間に少しゆとりが出来るかもしれません。初披露を目前に控えた新型「Gクラス」ですが、最終的にどのような顔つきとなるのか今から楽しみなところです。なお、「Gクラス」の歴史をまとめた公式動画も公開されています。

画像出典:

「Gクラス」を振り返る公式動画

画像出典:
記事出典:

メルセデス・ベンツ「Gクラス」の限定モデル、2018年1月に発売予定!

2017年11月7日

メルセデス・ベンツは2018年1月に、Gクラスの限定モデル「G350d」「G350d Professional」「G500」を発売予定。これらは、「G63」と「G65」の限定モデル公開後に入手できるようになり、その後、オフロードカー40周年記念モデルも発売予定とのことです。

「G350d」と「G350d Professional」

GクラスのW463型に、スタイリングの調整と機能などの追加が行われた限定モデル。「G350d」は、メタリック塗装が施され、断熱ガラス窓や保護ストリップ、ステンレススチールパッケージなどが装備されました。Bluetoothやナビゲーション付きのラジオに、ローディングプロテクションパッケージも標準装備となっています。さらに「G350d Professional」は、青色でボディを包み、スチールフロントバンパーやヘッドライトの保護グリルが印象的なモデルです。

画像引用:

限定モデル「G500」

「G500」は、ブラックカラーにより重厚感も感じられる、贅沢なデザインに仕上がっています。ラジエーターグリルやホイールカバーなどもブラックに塗装され、断熱暗色ガラスが標準装備されました。TVチューナーや補助暖房も装備され、ブラインドスポットや駐車アシスト機能なども搭載。どのモデルも走行能力をテストされており、オフロードでも快適に走リ抜くことができます。

画像引用:

販売予定価格は下記の通り。

G350d 約1625万円(122,918ユーロ)
G350d Professional 約1374万円 (103,940ユーロ)
G500 約1853万円(140,164ユーロ)

メルセデス・ベンツ 新型「Gクラス」にはパナメリカーナグリルを採用?

2017年10月20日

V型12気筒エンジンモデルの生産終了が決定したメルセデスベンツの「Gクラス」。次期モデルを開発中ですが、今回は最新プロトタイプの姿をカメラがキャッチしました。

分厚いカモフラージュが施されたプロトタイプの様子を伺うと、スポーツカー”AMG GT”などに用いられるパナメリカーナグリルが装着されていることが確認できます。これまで捉えられてきたプロトタイプと仕様が異なるため、もしかするとAMGモデルの上位グレードとして採用される可能性も否めません。
また、インテリアではデジタルメーターが採用されていますが、基本グレードにはアナログメーターを装備することが予想されているため、オプション設定となるかもしれません。次期モデルでは、豊富なバリエーションを用意するのではないかと噂されていますが、最終的にどんな内容となるのか楽しみなところです。

画像出典:

これでV12モデルは最後!「AMG G65ファイナルエディション」登場

なお、V型12気筒エンジンモデルの生産終了に伴い、最終限定モデル「メルセデスAMG G65ファイナルエディション」が販売。21インチのホイールやシルバー仕立てのブレーキキャリパー、AMGスポーツトリムを特別装備し、力強さをアピールするマットブラック&グロスブラックカラーが各パーツに配色されています。65台限定となり、販売価格は約4145万円に設定されています。

画像出典:

「AMG G65ファイナルエディション」のスペック

エンジン 6.0リットルV型12気筒ガソリンツインターボエンジン
最高出力 630hp
最大トルク 102kgm
0~100km/h加速 5.3秒
最高速度 230km/h(リミッター作動時)
記事出典:

メルセデス・マイバッハ「G650ランドレー」落札価格1億円越え!

2017年10月11日

画像出典:

10月7日~8日よりベルギーで開催されたオークションにて、メルセデス・マイバッハ「G650ランドレー」が落札されました。落札価格は約1億5900万円とのことで、新車価格(約8,420万円)の2倍近い額での落札です。

この「G650ランドレー」は世界で99台のみ限定生産された、非常に希少なモデルとなっています。パワートレインには、6リッターV型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は630hp、最大トルクについては102kgmという、規格外のパワーをもつ一台となっています。今回は、99台目に生産された最後の一台が、メルセデスベンツによってチャリティー目的で出品されたとのことです。

落札者は、ベルギー在住のカーコレクターとのことです。「G650ランドレー」の他にも、ジャガー「XJ220」などの落札歴もあるようです。

メルセデス・ベンツ「AMG G65」装備を一部変更!期間限定で注文受付を開始

2017年9月26日

メルセデス・ベンツは、V12エンジン搭載の「AMG G65」の装備を一部変更し、注文受付を開始したことを発表しました。

今回の一部変更では、「デジーノ デザートサンド」、「デジーノ マグノアラナイトグレー」の2色を新たにボディカラーに追加。インテリアでは、AMG専用の「カーボンファイバーインテリアトリム」を導入し、より高級感のある室内空間が広がっています。また、「デジーノ シャンパンホワイトピアノラッカートリム」、「デジーノ サテンライトブラウンポプラーウッドトリム」の2パターンを新たに用意。これにより、内外装のカラー及びインテリアトリムは3000通り以上に広がり、カスタマイズの選択肢を増やした形となっています。販売価格は3900万円(税込)に設定され、9月26日~12月31日の期間限定で注文を受け付けているとのことです。

メルセデス・ベンツ「AMG G 65」のスペック

エンジン V型12気筒SOHC 6.0リッターツインターボエンジン
トランスミッション 7速AT
最高出力 463kW(630PS)/5000-5300rpm
最大トルク 1000Nm(102.0kgm)/2300-4300rpm
画像出典:
記事出典:

メルセデス・ベンツ新型「AMG G63」のインテリア内を目撃!

2017年6月29日

現在、開発段階であるメルセデス・ベンツ新型「AMG G63」ですが、今回は初めてインテリア内の様子がキャッチされています。

この新型「AMG G63」は「Gクラス」の高性能モデルとして開発されている一台。キャッチされた車内の様子を伺うと、コックピット周りではアナログのメーターパネルを現行モデルから引き継いで採用しています。また、中央に配置された大型のディスプレイは「Eクラス」と同じスタイリングとなっているため、市販モデルでも比較的シンプルな構造になることが予想されます。その他、車両重量は400kgの軽量化が実現され、従来よりも約10cmほど車幅が拡大されるとのこと。4リッターV型8気筒ツインターボを新たに投入する新型「AMG G63」ですが、初披露は2018年を予定しています。

記事出典:

キャッチされた最新プロトタイプの映像

画像出典:
記事出典:

メルセデス・ベンツ「Gクラス」にAMG設立50周年記念特別モデルが登場!

2017年5月11日

人気モデル「Gクラス」にAMG設立50周年を記念した特別モデル「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition」を設定し、50台限定で販売することをメルセデス・ベンツが発表しました。

「G63」をベースに製造された特別モデル「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition」は、現行モデルには設定されていない「designoモーリシャス ブルー」というボディカラーを採用。専用にデザインされた20インチの「AMG5スポークアルミホイール」を始め、フェンダーやバンパー、ルーフ、ドアミラーカバー等をブラックカラーに仕立てあげたことで、爽やかな雰囲気を持ち合わせながらもワイルドさをアピールした一台となっています。
インテリアでは、ダイヤモンドステッチが高級感を演出する「designoエクスクルーシブ」を採用し、内装のカラーリングにはブラック、ポーセレン、サドルブラウン、モカブラウンの4色を用意。その他、「AMGカーボンファイバーインテリアトリム」を取り入れたことにより、アグレッシブかつ特別感のある空間が室内に広がっています。

この「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition」の販売価格は、22,200,000円(税込)となっていますが、限定50台ということで気になる方は一度試乗してみるといいかもしれません。

画像/記事出典:

メルセデス・ベンツ「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」公式画像を公開

2017年02月14日

先日、ジュネーブでのデビューが決まったメルセデス・ベンツ「マイバッハ650ランドーレット」の公式画像が発表されました。

今回公開された画像からは、「Gクラス」特有のスクエアフォルムが見受けられ、鮮やかなディープグリーンが無骨なスタイルにマッチしたデザインとなっています。また、今回公開された画像はディープグリーンですがボディは全3色、ルーフには4色のカラーがラインナップに用意されるようです。

世界中を賑わせているニュースからご紹介です✨

ダイムラーがジュネーブモーターショー(3月7日〜19日)にて、メルセデス・マイバッハG650ランドーレットを公開すると発表がありまし…

— 車専門ディーラー ナポレオンオート (@napoleon_auto)

画像出典:

移動を楽しめる豪華な内装

内装は通常の「Gクラス」とは異なりカーボン製のパーツを多用しています。前後を仕切るガラス製のパーテンションはボタンで開閉可能になっており、後部座席には専用のエアコンとエンターテインメントシステムを装備。リムジンさながらの優雅なドライブを楽しむことができます。カラーリングはルーフと合わせたベージュメインのラグジュアリーな質感に仕上がっています。なお、販売は3月公開の後秋頃を予定しており、販売台数は99台限定とのこと。異色の仕上がりとなったマイバッハ仕様の「Gクラス」は、3月のジュネーヴ・モーターショーでも注目を集めそうです。

Interior of the new Mercedes-Maybach G650 Landaulet

— Karanja Earl Simmons (@Earlsimxx)

画像出典:

メルセデス・ベンツ「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」スペック

エンジンは「AMG製V12ツインターボ」で最大出力/最大トルク、630ps/102kmgを発揮。その他325/55R22サイズの巨大なタイヤやデフロック機構、450mmに設定された最低地上高など悪路走行性も備えています。

エンジン AMG製V12ツインターボ
最高出力 630ps
最大トルク 102kgm
記事出典:
記事出典:

マイバッハ仕様の「Gクラス」をジュネーブにて公開へ

2017年02月08日

メルセデス・ベンツは、以前から噂になっているマイバッハ仕様の「G650ランドレット」を3月に開幕するジュネーブ・モーターショーにて初披露することを発表しました。

突如発表されることになる新たな「マイバッハ G650ランドレット」は、「G500 4×4スクエアード」をベースに製造されており、後部座席にゆとりを持たせるためホイールベースも拡張。また、車体後部はキャンバストップタイプを採用し、「マイバッハ」の高級感と「Gクラス」にしかないダイナミックなスタイルを掛け合わせた大胆な一台に仕上がる模様です。パワートレインは、V12エンジンを搭載し、最高出力は630馬力を発揮することが予想されています。

Авто Mail.Ruさん(@automailru)が投稿した動画 –

Авто Mail.Ruさん(@automailru)が投稿した写真 –

記事出典:

新型「Gクラス」プロトタイプ走行の様子をキャッチ

2017年2月2日

38年ぶりのモデルチェンジが話題になっている新型「Ḡクラス」ですが、今回は新たにプロトタイプの走行テストの姿がキャッチされました。

今回の動画を見る限り、外観に関しては大きな変更はなく、長きにわたって人々を魅了してきたデザインはそのまま残されるようです。一方でプラットフォームには手が加えられ車重400kgほどの軽量化や新型エンジンの搭載など現代型の変更がなされる模様です。その他「ピックアップ型」「ロングホイールベース型」のプロトタイプもテストされており、新たなバリエーションとしてラインナップされる可能性もあります。初公開は2017年中が濃厚ですが、2018年頃になる可能性もあるとのこと。「Gクラス」らしさを残しつつ性能においてもグレードアップが予想される一台に期待が集まります。

新型「Gクラス」走行の様子

画像/記事出典:

新型「Gクラス」に派生モデル「4×4スクエアード」が設定か

2017年1月17日

先日、謎のロングホイールベースモデルが姿を現した新型「Gクラス」プロトタイプですが、今回は以前とは異なるモデルの姿がキャッチされました。

今回キャッチされた新型「Gクラス」は、赤の装飾が施されたブレーキキャリパー及びワイドフェンダー、大型のタイヤを装着しており、ボディサイズが明らかに標準モデルとは違うため「Gクラス」の派生モデル「4×4スクエアード」ではないかと噂されています。加えて、リア部分に小型トラックでもお馴染みの幌(ほろ)が被さっており、ピックアップトラックの等な荷台スペースが採用される可能もある模様。その他、ヘッドライト、リアコンビネーションランプといったデザインは、現行モデルと同様のものが使用されていますが、市販モデルではどんなスタイリングに落ち着くのかは不明なところです。
今年のフランクフルト・モーターショーでの公開を予定している新型「Gクラス」ですが、「4×4スクエアード」が導入されることになればオフローダーにとっては見逃せない一台になること間違いなさそうです。

画像/記事出典:

ロングホイールベース仕様の新型「Gクラス」をキャッチ

2016年12月20日

現在開発中の新型「Gクラス」ですが、今回はそのロングホイールベースモデルと思われるプロトタイプの姿がキャッチされています。

このロングホイールベース仕様に施された新型「Gクラス」は、派生モデル「Gクラス 4×4スクエアード」をベースに製造されている模様で、通常のロングモデルよりも全体のスタイリングに違いがあることがキャッチされた画像から伺うことが出来ます。また、情報によると超高級サルーン「マイバッハ」のラインナップに新しく設定されるのではないかとの噂もありますが、果たしてこの一台が同社の中でどのような立ち位置となるのでしょうか?

画像/記事出典:

新型「Gクラス」の高性能モデル「AMG G63」の姿をキャッチ

2016年12月14日

現在開発中のメルセデス・ベンツ新型「Gクラス」の高性能モデルとなる「AMG G63」のプロトタイプの姿がキャッチされました。

カモフラージュが分厚く施された状態で登場した「AMG G63」は、新型「Gクラス」と同じく最新のプラットフォームが採用されるほか、安全運転機能もパワーアップし内外装において大きく改良されることが判明しています。
パワートレインにおいては現行の4.0リッターV型8気筒ターボエンジンにも見直しが図れるとのこと。標準モデル同様に期待値の高まる「AMG G63」ですが、力強い走りを求めた一台に仕上がることは間違いなさそうです。

画像/記事出典:

次期「Gクラス」を捉えたスパイ動画が公開

2016年9月27日

登場して40年、初めてのフルモデルチェンジを予定しているGクラスの動画がとらえられました。

まだカモフラージュをされているので現行モデルとの大きな違いは確認できませんが、次期モデルの噂としては、プラットフォームが一新されて大きく軽量化を図っている、先進技術のサスペンションを採用するなど様々な憶測が上がっています。
なお、今回のモデルチェンジの経緯としては、先進の安全性、ユーザビリティの向上などが主要の目的と考えられているので、メルセデスベンツの持てる最新技術は多数採用されるものと考えられます。
世界で最も有名なSUVといっても過言ではないメルセデス・ベンツ「Gクラス」の動向を引き続き追っていきたいと思います。

記事参照元:

フルモデルチェンジされる「Gクラス」スパイショットを入手

2016年7月4日

1979年の初代発売以降、デザインに大きな変更がされることがなかったメルセデス・ベンツ「Gクラス」ですが、近々フルモデルチェンジされると噂されています。来年に公開予定でその新型「Gクラス」について、スパイショットがとらえられました。

スパイショットを見る限り、エクステリアはほとんど現行モデルのものを引き継いでいるようです。
なお、今回のモデルチェンジでは、内部構造における変更がメインになると見られており、アルミニウム合金製シャシーを採用し、先代より200kgの軽量化を実現するとのこと。トランスミッションは9速セミAT、パワートレインは6気筒ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの2つが設定されると予想されています。

記事・画像出典:

概要

メルセデス・ベンツ「Gクラス」ってどんな車?

メルセデス・ベンツ「Gクラス」は、1979年から販売されているロングセラーモデルです。オフロード走行を目的として開発されたSUV車で、名称の「G」はドイツ語でオフローダーを意味する「ゲレンデヴァーゲン」に由来しています。
教皇専用車としても使用されたことがあり、タフさと高級感を合わせ持った車です。芸能人でもSMAPの木村拓哉さんなどが愛用しているとして知られています。ラゲッジスペースも最大2250L(VDA方式で算出)と、見た目通りの頼もしさがあります。

画像出典:

装甲車やカスタムされた「Gクラス」も見逃せない!

スペック

メルセデス・ベンツ新型「Gクラス」のスペックとライバル車比較

グレード G500
エンジン 4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボ
最高出力 310kW
最大トルク 609Nm
出典:

ライバル車:ランドローバー「レンジローバー」

グレード STANDARD WHEELBASE VOGUE
パワートレイン V6スーパーチャージド3.0リッターガソリンエンジン
最高出力 279kW/6,500rpm
最大トルク 450Nm/3,500rpm
出典:

燃費性能

メルセデス・ベンツ現行「Gクラス」の燃費とライバル車比較

燃費(JC08モード) 10.3km/L
出典:

ライバル車:ランドローバー「レンジローバー」

燃費(JC08モード) 7.4km/L〜12.4km/L
出典:

インテリア

メルセデス・ベンツ新型「Gクラス」のインテリア

オフローダーとしての高い操作性だけでなく、メルセデス・ベンツならではのラグジュアリー性も備えている点が「Gクラス」の魅力のひとつです。人間工学に基づいて設計されたインテリアは、快適にドライブを楽しめるよう工夫されています。

画像出典:

メルセデス・ベンツ新型「AMGライン」のインテリア

インテリアはナッパレザー仕上げとなっており、ブラックを基調とした高級感ある印象です。また細部には赤いステッチがアクセントとして効いています。

画像出典:

エクステリア

メルセデス・ベンツ新型「Gクラス」のエクステリア

エクステリアは「Gクラス」らしいゴツゴツとした男らしい仕上がりとなっています。特に外板のクオリティが向上しており、ドア開閉時の音にも拘っているとのこと。またボディにはアルミ構造が採用され、ねじり剛性も強化されている模様です。

画像出典:

メルセデス・ベンツ新型「AMGライン」のエクステリア

エクステリアには、20インチアルミホイールやスポーツエグゾーストなどが装備されています。そしてボディの各部にはアルミパーツが取り付けられ、ホイールアーチが広くとられている点も特徴的です。

画像出典:

価格

メルセデス・ベンツ新型「Gクラス」の販売価格とライバル車比較

「G500」の販売価格 約14,550,000円
出典:

ライバル車:ランドローバー「レンジローバー」

「STANDARD WHEELBASE VOGUE」の販売価格 14,200,000円(税込)
出典:

販売時期

特別モデル&新型モデルは2018年4月、「AMGライン」は2018年後半販売予定です。

メルセデスベンツSUV「Gシリーズ」最新情報

read here

https://medicaments-24.net

У нашей компании интересный web-сайт на тематику Котел пищеварочный купить np.com.ua