車を高く売るコツとは?車を売る際のポイントを徹底解説!

 
車を売る機会は人生でそう多くはありません。「できるだけ高く売りたい」と思っていても、初めての経験でどうすれば良いか分からないという方も多いはず。今回は車を売る際の手順や、高く売るコツなどについて徹底解説します。

車を売る前に

車・売る

画像出典:

車を売る機会は人生でそう多くはありません。「できるだけ高く売りたい」と思っていても、初めての経験でどうすれば良いか分からないという方も多いはず。今回は車を売る際の手順や、高く売るコツなどについて徹底解説します。

書類を準備する

車を売る際には様々な書類が必要です。以下のものを用意しましょう。

・自動車検査証(車検証)
・自動車税納税証明書
・実印
・委任状、譲渡証明書
・自動車リサイクル券の預託証明書
・住民票の写し

さらに詳しく知りたいという方は、車を売却する時はどんな書類が必要?必要書類について全て解説!を確認しましょう。

自動車税を支払う

自動車税については納税書が4月下旬~5月上旬に送られ、5月末までに納めなければいけません。納税時に受け取る自動車税納税証明書は、上に挙げたように必要書類の一つです。滞納している場合は名義変更ができず、車を売却することができません。ちなみに税額は車の総排気量で決まります。もし自動車税納税証明書を紛失した場合は、自動車税を納めた都道府県の税事務所(軽自動車の場合は市区役所)で再発行が可能です。

1.0L以下 29,500円
1.0L超~1.5L以下 34,500円
1.5L超~2.0L以下 39,500円
2.0L超~2.5L以下 45,000円
2.5L超~3.0L以下 51,000円
3.0L超~3.5L以下 58,000円
3.5L超~4.0L以下 66,500円
4.0L超~4.5L以下 76,500円
4.5L超~6.0L以下 88,000円
6.0L超~ 111,000円

車の売り方

車・売る

画像出典:

車を売る方法は様々あります。それぞれを比較しつつ、最も高く売れるルートを選びましょう。

ディーラー下取りに出す

下取りは、ディーラーが提供しているサービスの一つです。次に購入をすることを前提としており、新車購入金額から売却金額分を差し引きするという仕組みです。売却から購入まで一括ででき手間がかからないという点が魅力的で、日本国内では最も利用される売却方法です。

故障車や古い車であっても下取り対応しているため、「車体状態はあまり良くないけど、とにかく買い取って欲しい」という方にはピッタリの方法と言えるでしょう。ただし「購入時の状態にどれだけ近いか」という点については重視されます。もし社外品パーツなどを多く取り付けている場合は下取り価格も下がってしまう傾向にあるため、注意しましょう。

中古車販売店で買い取ってもらう

二つ目が、中古車販売店や整備工場などに買い取ってもらう方法です。業者毎に買取価格を設定しており、各店舗で金額が異なるという点が特徴的です。ディーラー下取りでは「オリジナル状態」が重視される一方で、こちらでは「車そのものの価値」が重視されます。中には、ディーラー下取りより10万円以上も高く売れた!というケースも。「車体状態が良く、高く買い取って欲しい」という方にはピッタリの方法と言えるでしょう。

一括査定サービスを利用する

また最近では「一括査定サービス」という、複数の買取業者に査定見積もりを出させて比較できるサービスなども登場しています。サイト内問い合わせフォーム内にて、個人情報・車種・年式・走行距離などを入力するだけでOKという手軽さが魅力的。特に日本国内での利用者数は右肩上がりの状態にあるようで、「とにかく高く売りたい」という方にはオススメです。

注意点

非常に便利な一括査定サービスですが、いくつか注意点もあります。代表的なものとして「大量の電話がかかってくる」「査定額に有効期限が設けられている(1~2週間ほど)」「対面でないぶんコミュニケーションが取りにくい」などが挙げられます。実際に利用される際には、これら注意点についても予め理解しておきましょう。特に電話については、「登録してすぐに10件以上からかかってきてパニックになった」などという方も多いようです。

一括査定サービスをピックアップ

代表的な一括査定サービス

個人売買で売る

海外ではベーシックな個人売買ですが、メルカリの台頭が挙げられるように日本でも徐々に活発化してきています。業者を介さず手数料などが発生しないため、最も希望額に近い形でやり取りできるという点が特徴的です。ただし素人同士のやり取りになるぶん、トラブルなどが発生するリスクもあります。最近ではそのようなトラブルを避けるべく、代行サービスなども登場しています。「手数料などギリギリ抑えてオトクに売りたい」という方にはピッタリと言えるでしょう。

車を高く売るためのポイント

車・売る

画像出典:

車を売る際には方法だけでなくタイミングなども重要です。いくつかご紹介しましょう。

高く売れる時期がある

車の買取価格は、市場の相場価格によって大きく左右されます。一般的に2~3月は取引が活発化し高く売れる時期と言われています。

モデルチェンジ時期をチェックする

モデルチェンジ時期についてもチェックしておきましょう。特にモデルチェンジしたばかりの時期は、先代モデルの買取価格が大幅に下がる傾向にあります。

補修はするべき?

また車体に傷などがある場合、補修した方が良いか悩む方も多いことでしょう。もちろんできる限り車体は綺麗な状態にするべきですが、そのためにわざわざ業者依頼するとかえってマイナスになることもあります。基本的に補修範囲が小さい場合は自分で済まし、大きい場合は業者依頼費を見積もった後に慎重に判断するようにしましょう。

車検は通すべき?

車検については売り方によります。ディーラー下取りや販売店買取など業者に売る場合は、車検価値はそれほど高くありません。通さない方が良いでしょう。また個人売買など素人に売る場合は、車検価値は高い傾向にあります。通した方が良いでしょう。

車の売り方についての口コミ

値引きは自分だけがしてもらったと思う思いたくなるのは分かる。でも、値引きしなくて売れる車をわざわざ値引きはしない。 値引き情報は中古車の下取りの価値に反映されます。きっちりと。若者がアルファードとか高い車を買っても、下取りの価格が高止まりしてるので代替えさえすれば乗り続けられる。

— metier_formation (@nwt_ogw)

もーいいや車売ろ笑
欲しいのあるし買ってくれる人いたら売る😇
取り敢えずメルカリに出そう笑

— 💸💸 (@katyutyutyu)

2月って意外と車関係が稼げるのか。転職とか就職とかで中古車屋に売る人が増えるのかな?車案件過去最高や。って言っても特に力入れてるわけでもないから飲み会一回いけるぐらいやけど。

— ニック@ブロガー (@namuraclecent)

まとめ

車を売る際には「どこに売るか」「どのタイミングで売るか」などの点がポイントとなります。また新車に乗り変える予定があり、手続きが面倒という方には「ディーラー下取り」などがオススメでしょう。車の理想的な売り方はそれぞれの状況によって全く異なるため、何よりも情報収集をしっかりすることが大切と言えるでしょう。

高く売るなら「cosmetic-dentistsマーケット」がオススメ

ほしい車をカンタン検索!車を買いたい人と売りたい人のコミュニケーションの場を提供しています。不明点があれば、すぐに担当者とチャットで相談できて安心、そして便利です。

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする