Google 人をはねても吹き飛ばさない技術の特許を取得

グーグルは、交通事故の二次的被害を最小限に抑えるため、自動運転車のフロント部分に接着剤をつける技術で特許を取得しました。
接着剤車の特許図面

画像出典:

これによりグーグルは、交通事故によって撥ね飛ばされた歩行者が他の車両や道路に叩きつけられるなどの二次的な衝撃を防げるとしています。

「接着剤」の仕組み

グーグルがこの特許を取得したのは、現地時間の5月17日。車両のフロント部分に特殊な接着材を使用することで衝突の瞬間に歩行者が車のフロント部分に接着し、安全に車が止まるまでそのまま動かずにいられます。
接着剤車の特許図面

画像出典:

接着材は常に表出されているわけではなく、普段はコーティング材で覆われています。なんらかの強い衝撃が与えられるとコーティングが破壊されて粘着剤が露出し、そのまま対象物をくっつける仕組みになっています。
接着剤車の特許図面

画像出典:

被害軽減のため画期的な技術となるか?

グーグルはこれまでにもエアバッグの改良に取り組むなど、事故を防ぐだけでなく、事故は起きるものとしてその被害を最小限にする努力を重ねてきています。
とはいえ、フロント部分に歩行者が接着されても、被害が低減されるのかについては疑問が残ります。すぐに自動車は止まれるのか、停止までの間に歩行者の足が地面に引きずられてしまうのではないかといった懸念もあります。
GoogleCar

画像出典:

各メーカーが事故防止、事故被害軽減に向けて技術開発を続けるなか、この「接着剤」技術はどのような広がりを見せるのでしょうか。自動運転車の新たな安全への取り組みとしても、これからますます注目がされます。

記事出典:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする