マセラティ「レヴァンテ」2018年モデル発表!初のEPS搭載モデル登場!

 
マセラティは11月7日、グランドハイアット東京にて「レヴァンテ」2018年モデルを発表しました。マセラティモデル初となるEPSを搭載し、路面状況問わず軽快な走行が可能となっているようです。なお一部モデルには、右ハンドル仕様も追加されます。

ニュース

マセラティ「レヴァンテ」2018年モデル発表!初のEPS搭載モデル登場!

2017年11月8日

マセラティ・レヴァンテ

画像出典:

マセラティは11月7日、東京六本木にあるグランドハイアット東京にて「レヴァンテ」の2018年モデルを発表しました。

この2018年モデルについては、マセラティモデル初となるEPS(電動パワーステアリング)が搭載されている点が最も特徴的です。このEPSの搭載によって、オンロード・オフロード問わず快適なドライビングが可能となります。

モデル展開としては、ガソリン仕様の「レヴァンテ」と「レヴァンテS」、そしてクリーンディーゼル仕様の「レヴァンテ ディーゼル」の3シリーズに分かれています。そして各シリーズから3モデルずつ、全9モデルが販売されます。なお「レヴァンテS」については、右ハンドルモデルも新たに追加されます。

販売価格は、税込みで986万7000円~1369万5000円になります。

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする