有名人所有の奇抜なスーパーカーまとめ【海外セレブ愛車】

CARBUZZが北米のセレブ(ニューリッチ?)達の変わったボディーカラーを取り上げています。日本人の感性とは大きな違いを感じました。

ピンクのランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスター

ニッキーミナージュ ランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスター
アメリカの女性ラッパーであるニッキー・ミナージュの愛車がこちらの“ピンクのアヴェンタドール・ロードスター”です。彼女はアルバムのカバーなどにもピンクを多く用いていますね。

ニッキーミナージュ ランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスターボディーはペイントではなく、ラッピングで仕上げられているそうです。以前の仕様と比較してピンクの範囲がホイールにも拡がりました。アメ鍛の代表的なメーカー、フォージアートのカポラヴァーロでしょうか。

ラベンダーメタリックのVWビートル・カスタムカー

ウィル・アイ・アム VWビートル
今度はアメリカの男性ラッパーであるウィル・アイ・アムの愛車、1958年製VWビートルベースのカスタムカーです。
ウィル・アイ・アム VWビートル
製作コストは何と!1億円以上とか。ベントレーのグリル、モーガンのフェンダーをイメージして作られているそうです。エンジンはスーパーチャージャー付きLS3を搭載しているとか。

ヒョウ柄のAudi R8

ジャスティン・ビーバー アウディR8
カナダのミュージシャン、ジャスティン・ビーバーの愛車の1台が、こちらのヒョウ柄のAudi R8です。

ジャスティン・ビーバー アウディR8R8はスーパーカーの中でも上品なデザインが特徴ですが、ヒョウ柄になると何か、別の物体にも感じてしまいます。

迷彩柄のポルシェ・パナメーラ

ジョシュ・ゴードン ポルシェ パナメーラ
アメリカンフットボール選手のジョシュ・ゴードンの愛車がこちらのウッドランド迷彩柄のパナメーラです。

ジョシュ・ゴードン ポルシェ パナメーラ
更に、デザートカモ仕様もあるようです。どちらも、ラッピングで変更しているようです。元記事では「狩猟仕様のパナメーラ」と、なかなかの命名センスです。

戦闘機をイメージしたランボルギーニ・ガヤルド

クリスブラウン ランボルギーニ・ガヤルド
アメリカの男性歌手、クリス・ブラウンの愛車がこの、戦闘機仕様?のガヤルドです。F-104スターファイターか、F-86セイバーのイメージでしょうか。F-104はデューク東郷(ゴルゴ13)が「ミステリーの女王」で操縦していました。最後の一章は「あばよ、マッジだったな」と・・・。数あるゴルゴ13のストーリーの中でも傑作の1つだと思います。閑話休題。

クリスブラウン ランボルギーニ・ガヤルド
別の仕様では、謎のマークをボンネットやルーフにペイントしているそうです。風吹裕矢や早瀬左近とは違い、撃墜マークではなく、古代文字で表現した歌詞だそうです。

迷彩柄のランボルギーニ・アヴェンタドール

更には、オリジナル迷彩柄のアヴェンタドールも所有しているようです。パナメーラよりはこちらの方が似合っているようにも感じますが・・・。
クリスブラウン ランボルギーニ・アヴェンダドール

その他にもハリウッドスター・世界的スポーツ選手が所有する愛車を紹介

記事参照元:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする