想像する未来の車はこうだった!未来をイメージした歴代コンセプトカー 10選

 
別名「ドリームカー」や「フューチャーカー」とも呼ばれる自動車メーカーが展示するコンセプトカーは、まさに私達の夢や未来を創造したデザインが登場します。今回紹介するのは1950年代から2010年代までに登場した、その時代から見た未来をイメージするアイディア豊富なコンセプトカーを紹介。過去のカーデザイナーが今現在やさらなる未来をイメージしたコンセプトカーなどご紹介します。

1954年 フォード・ジャイロン

フォードジャイロン
▲1954年に誕生したコンセプトモデルのフォード・ジャイロン。1961年のデトロイト・モーターショーで披露されました。車体のデザインは、
1961年のデトロイト・モーターショーで披露された二輪ジャイロカーのコンセプトモデル。車体のデザインは、映画「ブレードランナー」や「トロン」のカーデザインを務めたアメリカの工業デザイナーのシド・ミード氏です。

画像出典:

1955年 ナルディ・ビシルーロ

ナルディ
▲レーシングカーとして1955年にル・マンに登場した一台。ビシルーロ(Bisiluro)は双胴魚雷を意味し、現在はレオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館に保管されております。

画像出典:

1958年 フォード・X2000

フォードX2000
▲1958年生まれのコンセプトカー。1950年代の自動車雑誌を賑わせたまさに宇宙を彷彿とさせる一台です。マンガにも出てきそうですね。

画像出典:

1978年 フェラーリ PF 512 S モデューロ

フェラーリPF512
▲1970年にジュネーブ・モーターショーで披露されたモデューロ。日本でも大阪万博で展示され、今でもフェラーリ本社に大切に所蔵されております。

画像出典:

2005年 プジョー・ムービー・コンセプト

プジョー・ムービー・コンセプト
▲2005年の第三回プジョー・デザイン・コンペティションにて登場しましたこのモデル。ほぼ後輪に座るのは斬新。

画像出典:

2006年 マツダ・流(ながれ)

マツダ流
▲2006年のロサンゼルスオートショーにて登場。その後に繋がる「NAGAREシリーズ」の第1弾となりました。車種名同様、ボディデザインも流れるような美しい曲線を描いてます。

画像出典:

2008年 A360・コンセプト

A360 コンセプト
▲Huynh Ngoc Lan氏がUFOやステルス戦闘機をモデルにデザイン。どのように移動するのかすら想定できない見た目です。

画像出典:

2008年 BMW・ジーナ

BMWGINA
▲外装素材は全て布であり、伸縮自由な変形ボディーを持つジーナ。奇抜なコンセプトカーです。

画像出典:

2009年 BMW LOVOS

BMW LOVOS
▲まるでウロコが生えた生き物のようなコンセプトカー。何のために使うのかは不明です。

画像出典:

2010年 プジョー Egochine B

プジョーEGOCHINE
▲Paolo De Giusti氏が「Peugeot design contest」にて出品した作品。誰も想像しないようなインパクト大なコンセプトカーです。

画像出典:

まとめ

各時代ごとに未来の捉え方が様々で衝撃を与えるでざいんのコンセプトカーばかりですね。読者の方でも記憶に残っているモデルもあったのではないでしょうか?
今では自動運転や空飛ぶ車など当時では考えられていなかったであろう未来が実現しようとしていますが、1954年フォード・ジャイロンが発表されてから、まだたった70年程度です。
この短い期間でここまで進化を遂げた自動車なので、今後10年・20年後が一体どんな形になっているのか、想像を超えるものになっているのか楽しみで仕方ありません。

車選びに悩まない時代がくる!?未来の車のヒントをくれた着せ替え可能な撮影用の車両が話題
自動運転車が実現した私たちの日常風景?未来をイメージしたイラストが話題

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする