事故に遭ったハイブリッド車・電気自動車には触らない!感電・発火の危険アリ

 
ハイブリット車や電気自動車は、日本でも人気の高い車種。燃費性能や静音性能に優れており、低価格なモデルも多く販売されています。しかし、事故時には感電や発火の可能性があるため注意が必要です。今回は、事故を起こしたハイブリット車や電気自動車の対応について徹底解説していきます!

ハイブリット車や電気自動車は日本人気が高い

ハイブリッド車

画像出典:

ハイブリット車や電気自動車は、日本人気の高いボディタイプの車です。燃費性能や静音性能に優れており、低価格なモデルも多く販売されています。しかし事故時には注意が必要です。今回は、事故を起こしたハイブリット車や電気自動車の対応について解説します。

ハイブリッド車や電気自動車の動力源は高電圧

ハイブリッド車や電気自動車には、大型リチウムイオン電池やニッケル水素が動力源として搭載されています。これはガソリン車に搭載されているバッテリーとは異なり、非常に高電圧です。そのため、事故の際には感電や発火等の二次災害が発生する可能性があります。特に日本はハイブリット車や電気自動車の流通数が非常に多いため、所有していない方も知識として知っておきましょう。

ハイブリッド車や電気自動車の事故対応

ハイブリッド車

画像出典:

それでは、実際に事故に遭遇した際の対応について解説します。

ハイブリッド車や電気自動車には近づかない!

ハイブリッド車や電気自動車の事故を目撃した場合には、決して車体に触れてはいけません。感電するおそれがあります。ハイブリッド車や電気自動車は感電しないようメーカー設計されていますが、事故の程度によっては想定外の事態が発生する可能性もあります。

もし事故の衝撃で高電圧部品が露出した場合は、車体の近くにいるだけでも危険です。また車内に負傷者が残っている場合でも、救護活動は行わずにレスキュー隊の到着を待ちましょう。

ハイブリッド車や電気自動車が水没している場合は?

ハイブリッド車や電気自動車が水害などで水没している場合も、決して車体に触れてはいけません。感電するおそれがあります。浸水車両だけでなく、水を引き終えた車両についても触れてはいけません。事故時同様に想定外のケースが発生する可能性があります。レスキュー隊に全ての対応を任せましょう。

ハイブリッド車や電気自動車は車両火災に注意

ハイブリッド車や電気自動車が水害の被害に遭った際には、感電だけでなく車両火災にも注意しましょう。2015年に栃木県鬼怒川にて発生した大規模氾濫の際に、国土交通省は「水に浸った車両は外観上問題が無さそうでも、電気系統のショートで車両火災が発生する恐れがある」と警告しています。

また一部では「水没車は水から引き上げることが第一」として、人力で押して水からあげることを推奨する声もあるようです。しかしこれはリスクも伴うため、できる限り触れるのは避けて救助を待ちましょう。

ハイブリッド車や電気自動車の事故対応は慎重

ハイブリッド車や電気自動車の事故時には、レスキュー隊ですらシステムの完全停止まで時間を要します。下の動画を見ると、素人によるむやみな接触がいかに危険かということが分かります。

画像出典

ハイブリッド車や電気自動車の事故対応マニュアル(外部リンク)

ハイブリッド車や電気自動車を製造している各自動車メーカーからは、レスキューマニュアルも出されています。一度目を通しておきましょう。




トヨタによるとハイブリッドやEVを始めとする高電圧バッテリー搭載車が水没してしまった場合、高圧電回路は絶縁するため、車体に触れても感電することはないとのことです。それでも、危険性は高いため高電圧バッテリーや高電圧ケーブルには触れないようにしましょう。

ハイブリッド車や電気自動車の事故に関するユーザーの声

ハイブリッド車やEVに関する事故は、ユーザーの方も敏感の様子。近年ではiPhoneを充電するために使用するLightningケーブルの断線及び劣化により、感電死するケースも増えています。車となるとその倍以上の高電圧が流れるので想像しただけでも怖いですね…。

あまり知られていないがハイブリッドカーが派手に事故っていたら
車体に触れない方がいい。高圧電流が漏電している可能性もあるのだ。
速やかに119番と110番に連絡をしよう。

— 教習車Bot (@kyoushusha_bot)

電気自動車が事故ってるの見てるとやっぱり電池が燃えるのってこえーな・・・。

— おげ (@ogepmk2)

電気自動車は事故って炎上したら5日も燃え続けるのか、世に普及したらえらいことのなるな

— ユッピー0821 (@GR13x)

EV車やハイブリッド車は、事故の時救助の人が感電する可能性があるらしい。ソーラーパネルのある家は火事の時、消防士が感電する可能性があると水をかけられなくなる。

— HooTa (@who_g)

雨のハイブリッド事故は、感電がこわい。

— スペシャルクマオヤジ 禁言 (@SPECIALKUMA)

膨大な量の鉱物資源と石油を使って作られた自動車が、水害で水没すればゴミになってしまうことについて、深く考える人は少ない。
アメリカのハリケーンだけではなくて、日本も台風が来ればこうなる☟
電気自動車も水没すれば感電の危険があるなどさらに厄介。
「資源節約的」とは全く言えない状態に

— 北風ロビン(休止中 再開未定) (@oldblue2012)

まとめ

プリウス 事故 感電

画像出典:

ハイブリッド車や電気自動車の事故現場を目撃した際には、決して車体に触れないよう注意しましょう。また水害の被害に遭った車両の場合には、車両火災が発生する可能性もあります。ハイブリッド車や電気自動車の事故については、レスキュー隊ですらある程度の時間を要します。素人が対応できることはありません。レスキュー隊を呼び、おとなしく到着を待ちましょう。事故を起こしたハイブリッド車や電気自動車には「触らない、近づかない」と覚えておきましょう。

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする