cosmetic-dentistsマガジン

ソ連発ベストセラー車「ラーダ・クラシックシリーズ」の歴史に迫る!

「ラーダ・クラシックシリーズ」の歴史に迫る

画像出典:

冷戦時代に旧東欧諸国で多く見られた車の一つとして、ソビエト連邦で生産されていた「ラーダ」のクラシックシリーズが挙げられます。車種はセダンのベースグレード「2105」、ワゴンタイプの「2104」、そして1982年から生産開始したセダンのデラックスバージョン「2107(クロームのフロントグリルを装着)」など様々存在します。

40年近く生産された名車

画像出典:

1980年にロシアやウクライナなどのソビエト連邦加盟国で生産を開始。生産開始まもなくしてソ連国外にも輸出されるようになりました。特にエジプトやカザフスタンなどでは、2012年9月に最後の「2104」がラインオフするまで生産され続けました。

さらに西側諸国にも輸出されており、イギリスやニュージーランドでは”ラーダ・リーバ”、デンマークや西ドイツなどでは”ラーダ・ノーバ”として販売されていました。ほかにもカナダやフランスなど世界各国で販売されています。なお「ラーダ・クラシックシリーズ」はフィアット「124」のライセンス生産車として誕生しているため、「124」が生産終了した後も40年近くに渡って製造され続けたことになります。

「ラーダ・クラシックシリーズ」の内外装はシンプル

画像出典:

主な装備としては、光軸調整式ヘッドライトや調整式ドアミラー(ドライバー側のみ)、ベロアのシート表皮、リアウィンドウの熱線、ボンネット内照明と足元照明などが挙げられます。内外装は非常にシンプルな作りで、Cピラー下のエアアウトレットや内装については「70系カローラセダン後期型」に似た雰囲気を感じさせます。

「ラーダ・クラシックシリーズ」には豊富なエンジンが採用

画像出典:

搭載エンジンは、直列4気筒1.2リッター、1.3リッター、1.5リッター、1.6リッター、1.7リッターと仕向地毎に豊富に展開。そこに5速マニュアルのトランスミッションが組み合わせられました。ちなみに駆動方式はFRです。

今も話題を呼ぶロータリーエンジン搭載車も

エンジンについては、90年代初頭まで燃焼噴射機構が搭載されていなかったため、キャブレターと触媒との組み合わせによる排ガス対策には苦労したそうです。またウェーバーのツインキャブを組み合わせた、150馬力のロータリーエンジン搭載車もあったようです。しかしライセンスを保有する”NSU”や”MAZDA”には内緒で生産されたようで、ライセンス料などは支払われていません。

ラリーカーとしてレースに登場したことも

画像出典:

また、「2105」をベースにしたラリーカーがあったことをご存知でしょうか。1982年10月にFIAのホモロゲーションを取得したラーダ・VFTSは、直列4気筒1860ccエンジンをターボ過給し、270馬力から300馬力を発揮したLada-2108 EVAターボエンジンを搭載してグループBに参戦しています。

この車両をよく見ると、ルーフエンドに控え目なサイズのスポイラーがついており可愛らしいですね。このクラシカルな風貌から、何となく”空飛ぶレンガ”とも呼ばれたボルボ「240」のレースカーを連想させます。ちなみに「構造がシンプルで修理も楽」という理由から、東ヨーロッパなどでは今なお多くの「ラーダ・クラシック」が走っているそうです。「2107」が豪華な雰囲気である一方で、「2105」は無国籍風クラシックカーな雰囲気で表情も違います。2012年のモデルでクラシックカー・フェスティバルに参加しても違和感が無さそうです。

出典:

「ラーダ・クラシックシリーズ」に関する声

ちなみに時代遅れなラーダの象徴であり、2012年に生産終了したラーダ クラシック(VAZ-2105系)は2010年にもロシアの車種別販売台数でトップになっている。ただ遅れていただけでなく、実際に高い需要があったから生産を続けていたという面も無視できない。

— タルパ (@talpacc)

ロシア車のラーダクラシックたまらん良さみが…

乗りたい車の候補に入った

— そうㄘゃん、📷 (@NICO_Silvia14)

とりあえずキューバからトロントまで帰ってこられました。

キューバはタクシー移動が多くて、ラーダ、KIA、クラシックカー etc.色々乗ったけど、
キューバ着いてすぐは
「ラーダ乗り心地悪いなぁ…。」

帰国直前
「ラーダ乗り心地最高!」

何故なのか。。。

— あおの (@tpaotaka)

まとめ

40年近い歴史ある「ラーダ・クラシックシリーズ」。日本にも今だに根強いファンがいるようです。車は時代の移り変わりとともに姿を変えるものですが、「ラーダ・クラシックシリーズ」のような歴史あるクラシックカーは今後も長く語り継がれていくことでしょう。

「ラーダ・クラシックシリーズ」に関連する記事

У нашей организации популярный веб сайт про направление Продать овес в Винницкой области www.agroxy.com
https://antibioticlistinfo.com/

http://www.budmagazin.com.ua/