cosmetic-dentistsマガジン

F1史に残る歴代最強マシンはこの4台!伝説の名車が勢揃い!

歴代最強F1マシンBEST4!

モータースポーツに限らずさまざまなジャンルで話題にあがる「歴代最強は何か?」、そんなF1レースカーの歴代最強について調べてみました。レースカーというとどうしても性能面だけを取り上げてしまいがちですが、今回のランキングでは「強烈なインパクトを残した」レースカーをピックアップします。

画像出典:

【第4位】ロータス「79」

画像出典:

「史上最も美しかったF1マシン」と今でも名を馳せ、”ブラックビューティー”の名で親しまれたマシンといえば、この「79」。チーム・ロータスが、1978年のF1デビューに向けて開発したマシンで、その年に6勝を挙げました。ウィングカーとも呼ばれた前年型マシンである「78」を改良し、空力面を向上させたモデルです。
ブラックボディでデザインの美しさに注目されがちですが、現在のF1では当たり前である「グランドエフェクト」を活用した初の車です。ダウンフォース獲得のために地面と車の間に流れる空気をコントロールし、空力性能を向上させました。これがあって、今日の車の空気力学や空力性能は発展したと言っても過言ではないでしょう。

ロータス「79」走行動画

出典:

【第3位】ウィリアムズ「FW14Bルノー」

画像出典:

1992年シーズンにウィリアムズが採用したこのマシン。アクティブサスペンション・パワステ・セミーオートマなど当時の先端技術を搭載し、完璧な空力コントロールを実現し圧倒的なマシンスペックを誇りました。マシン性能だけをランキングするのであれば、歴代最速のマシンといっても過言では無いでしょう。なお、このシーズンウィリアムズは16戦10勝という圧勝劇で年間グランプリにも輝いており、ウィリアムズが誇る伝説の1台です。
ちなみに、あのアイルトン・セナもこの「FW14B」のスペックに惚れ込み、「給料は無しでもいいから乗らせてほしい」と言ったという噂もあります。

ウィリアムズ「FW14Bルノー」走行動画

出典:

【第2位】フェラーリ「F2002」

画像出典:

F1界史上最速・最強のレジェンド「皇帝ミハエル・シューマッハ」が、2002年シーズンに当時在籍をしていたフェラーリにて運転をした「F2002」がランクイン。シューマッハはこの「F2002」をひきさげ2002シーズン11勝・全戦表彰台という偉業を達成し、フェラーリとしては17戦15勝と脅威的な勝率を誇りフェラーリ黄金期を象徴する最強マシンです。
なお、F1界史上最も偉大な記録を残しているのもミハエル・シューマッハです。

・ドライバーズチャンピオン獲得7回(歴代1位)
・通算優勝91回(歴代1位)
・通算PP獲得69回(歴代1位)

フェラーリ「F2002」走行動画

出典:

【第1位】マクラーレン「MP4/4」

画像出典:

1位は最も愛されていたF1レーサー「アイルトン・セナ」が、1988年シーズンにハンドルを握った「マクラーレン MP4/4」です。
そのシーズン全16戦中15勝(勝率94%)、ポールポジション15回に輝き圧倒的な強さで伝説に残る1台です。また、この大記録を達成したのにはマシンスペックの他にも当時マクラーレンに在籍をしていた天才レーサー「アイルトン・セナ」「アラン・プロスト」の2名のカリスマがいたことも大きく、実際に1988年シーズンではプロストが7勝・セナが8勝と、最終戦まで同チームドライバーがドライバーズチャンピオン争いを演じたことも「MP4/4」伝説の1つとして語り継がれています。

マクラーレン「MP4/4」走行動画

出典:

「アイルトン・セナ」のDNAは”マクラーレン・セナ”へ

画像出典:

F1の歴史を語る上で欠かせない存在でもある伝説のF1ドライバー「アイルトン・セナ」。その名を刻んだ最新ロードカー”マクラーレン・セナ”が、満を辞して登場しました。公道走行も可能とするこの1台は、4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最大出力800PS、最大トルク81.6kgmとマクラーレン史上最強の走りを実現しています。

この”マクラーレン・セナ”は限定500台で生産されていますが、既に完売済みであるとのこと。また、このうちの1台(シャーシーナンバー193)がオークションに出品され、通常の3倍近い値となる約3億3680万円で落札されたそうです。「アイルトン・セナ」のDNAは新たなロードカーに引き継がれた形ですが、そのズバ抜けた走りを間近で見てみたいものです。

「マクラーレン・セナ」ティーザー動画

出典:

【番外編】オール日本のF1チーム!?

2006年から2008年途中まで参戦していた「スーパーアグリF1」チームをご存知でしょうか。
元F1ドライバーの鈴木亜久里氏が代表を務める「スーパーアグリF1」は、後にアメリカ”インディ500(2017年)”で初優勝を果たす佐藤琢磨選手をファーストドライバーに起用。セカンドドライバーにも井出有治選手が控えるなど、日本人のみで構成されるチームがありました。また、エンジンはホンダから供給しており、サマンサタバサやENEOS、オートバックスなど日本企業がスポンサーについていたのも話題を呼びました。

マシンの性能は、お世辞にも最強とは程遠いレベルでしたが、2007年のカナダGPにおいてマクラーレンをオーバーテイク。結果的に「スーパーアグリF1」として最高順位となる6位入賞を果たし、日本の底力を見せつけてくれました。

画像出典:

佐藤琢磨オーバーテイク動画

出典:

まとめ

F1歴代最強マシンをご紹介しましたが、いかがでしたか? どのマシンも優劣つけがたい伝説のマシンではありますが、「マクラーレン MP4/4」はただ最速なだけでない、ドラマが詰まった1台であったことが1位選出の理由です。

F1レースカーに関連する記事

У нашей компании нужный блог на тематику крипто биржи.
У нашей компании нужный интернет-сайт со статьями про https://www.progressive.com.kz.
https://baden-medservice.com