豊田自動織機が東京オートサロン初出展!初公開のコンセプトカーを出展

1月15日から開催させる東京オートサロン2016に豊田自動織機が初出展をすることを発表しました。
トヨタ自動車では無くってと思われるかと思われた方もいらっしゃると思いますが、実は豊田自動織機はトヨタ自動車からの委託製造という形で、VitzとRAV4を生産を請け負っている関連会社の一つとなります。
今回の出展の目的としては、「自分達のクルマを自分達の力でもっと魅力的に!」の考え方のもと、お客様の好みやニーズを先取りし、積極的な提案を行う「わが社のViRA活動」の一環とのこと。
ViRA活動とは、「VitzのVi、RAV4のRAの文字を取った造語。特別仕様車や新しいアイデアを取り入れた車を企画する活動。」

今回は出展の目的に沿う形で、「New Drive and Leisure」をテーマとした、新たな走りをイメージさせるダイナミックなデザインと、コンパクトなボディーの中にユーティリティーを兼ね備えたコンセプトカーを展示します。
toyotashokki01
toyotashokki02
名称などは与えられていないが、SUVのモデルにクーペのような軽快な走りをプラスしスタイリッシュにまとめたデザインとなっている。

また、コンセプトカーに加え同社が手がけるVitzの全日本ラリー選手権優勝モデル『豊田自動織機 Vitz GRMN Turbo ラリーカー』も出展される予定となっている。
toyotashokki03
購買者としてあまり目に触れることが無かったメーカーではあるが、トヨタ自動車とはまた違った切り口での自動車展示を今後力を入れていくかなど注目が集まります。

出典

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする