盛り上がる中国の自動車文化と日本車の関係性

今回は中国の自動車事情についての情報をご紹介します。

中国といえば中国の首都でもある北京にて北京国際モーターショーが2014年に開催されたばかりの、経済の中でも自動車の発展が目覚ましい国です。この中国国際モーターショーは北京と上海の大都市を舞台に交互に繰り返されていて、誰もが聞いたことのある自動車メーカーが、多く参加していました。
さてそれほど大掛かりな盛り上がりを見せているこの国の自動車生活は一体どういったものなのでしょうか?

h2

h3

h4

出典

まず中国は世界最大の自動車市場になっていることは間違いありません。2009年にはもう既に自動車生産台数1位だった日本を追い抜いています。ということはもちろん自動車が街中に多くあふれています。

c1

中国国内はアメリカ同様の右側通行になっています。そして韓国同様、赤信号のときでも車が来ます。これはどういったことなのかというと、もし交差点の信号が赤信号で車が右折するときに限って、そのまま右折しても良いことになっています。つまり日本国内にいる感覚で横断歩道を渡ろうと思っていても右折する車は普通にやってくるので注意が必要です。
もちろん歩行者優先のような認識はあまりないので、横断歩道以外でも常に細心の注意が必要です。

また中国国内では日本車が人気のようです。これには日中関係が軟化したことが大きな原因の一つになっています。以前はそのため韓国車の売り上げが伸びていましたが、さらには日本車のデザインが中国のバイヤーの購入意欲を刺激するようなスタイリッシュなデザインであることも大きな原因の一つのようです。それと同時に中国国内で自動車を購入する人たちは、高級車を欲しがる傾向が強いようです。

今回は中国の自動車事情を日本車の普及とともにお送りしました。日本車を通じて車を好きの人から日本を好きと言ってくれる方が増えると、我々日本人も車が好きな方も幸せかもしれませんね。

c5

世界各国の自動車事情まとめ

出典 /
/
/

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする