ポルシェ「918スパイダー」の特徴とは?ポルシェが誇る名車の凄すぎる性能をご紹介!

 
918台限定生産となるポルシェのハイブリッドスーパーカー「918スパイダー」。今や約2億円まで価格が高騰している激レアモデルですが、そんな今回は「918スパイダー」の性能を改めてご紹介します!10年に一度のスーパーカーとも呼ばれるポルシェの名車は、やっぱり凄い...。

ポルシェ「918スパイダー」の特徴とは?凄すぎる性能をプレイバック!

2017年12月8日

2013年に販売されたポルシェのハイブリッドスーパーカー「918スパイダー」。既に完売している激レアモデルですが、今回はそんな「918スパイダー」の性能をプレイバックしていきます。

PHV(プラグインハイブリッド)を搭載した「918スパイダー」は、サーキットだけでなく公道でも走行可能な一台。ボディにはカーボンファイバー強化プラスチック製のモノコックを取り入れる他、マグネシウムやアルミニウム素材を採用したことで軽量化に成功しています。

ポルシェ 918スパイダー

画像出典:

パワートレインは4.6リッターV8気筒エンジンを搭載し、最高出力608ps、最高速度345km/h、0-100km/h加速2.8秒とポルシェ史上最強とも呼ばれるハイパフォーマンスな走りながらも、燃費は100km/3Lと低燃費を実現。モーターのみで約30km(150km/hの速度)もEV走行できる点は、魅力の一つと言えるでしょう。

▲ランボルギーニ「アヴェンタドール」とバトル!めちゃくちゃ速いです…。

画像出典:

販売価格は高騰中!

また、4つの走行モード(E-Drive、ハイブリッド、スポーツ、レース)を用意しており、街乗りからサーキットまで幅広い走りを楽しむことができます。販売当初は約8300万円に設定されていましたが、生産台数918台と希少価値が高いモデルであるため、今では2億円を超える額で取引されているようです。日本でもあまり見かけることのない「918スパイダー」ですが、本気で走る姿を一度目にしてみたいものです。

画像出典:

ケーニグセグ「アゲーラR」とも対決!

過去には、モンスター級マシンのケーニグセグ「アゲーラR」ともレースバトル(ドイツの高速道路)を展開しました。毎時350km/hという驚愕のスピードを出す「918スパイダー」ですが、日本では絶対に見ることができない光景にただただ唖然です…。

画像出典:

「918スパイダー」目撃情報

やっぱ名古屋はすげえとこだ。笑

8500万円のポルシェ!
ポルシェ 918 スパイダー で合ってるはず。笑

— Shuta (@shuta_0902)

日本でブガッティとポルシェ918スパイダー初めてみたわ

— tiger (@tiger16D32C)

今度は青色の918スパイダーw
918スパイダーどんだけ日本にいるんだろ🙄

— ヒロマサ@NSX (@NSX_VTEC30)

記事出典:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする