台風などで車が水没したら?レベル別対処法紹介!

 
台風などで、急に車が水没したらどうしますか?対処法を知っておかないと、パニックになって何もできずに沈んでしまいます。そんな、いざという時のために知っておきたいレベル別の水没対処法について、今回はご紹介します!

突然の豪雨、道路が冠水

急な豪雨や台風による大雨で、道が冠水したというニュースをよく目にしますよね。出かけるときは晴れていたのに、帰りは豪雨で運転するのも怖かったなんて経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。豪雨によって道が冠水してしまうと、車が水没してしまう危険性があります。水没といっても一瞬で水没するわけではなく、時間の経過とともに徐々に浸水していく場合が多いでしょう。

今回は、冠水道路を走行していると想定し、状況に合わせた対処方法をまとめました。もしもの時のために、ぜひ覚えておいてくださいね。

【LEVEL1:冠水道路を走行中】進まず引き返す

冠水道路を走行中に、エンジン停止で立ち往生したら、一度はエンジンの再始動を試みることも必要です。運良くエンジンがかかれば、前進ではなく後退やUターンをして、来た方向へ引き返すことが大事です。再始動できない場合は、シートベルトを外してクルマを降り、先の状態が確認できるとき以外は、前へ進んではいけません。先の状態がつかめないときは来た方向へ引き返すことが賢明です。

【LEVEL2:水深が低い場合】すぐに脱出する

まず、冷静にシートベルトを外しましょう。ひざ下くらいの水深ならば通常ドアを開けることができます。水圧でドアが開かなくてもパニックにならずに、ウィンドウから脱出できないか試してみましょう。

【LEVEL3:水没し始めたら】後部座席のドアから脱出

冠水路の水位が深いと、乗用車やワゴン車などについてはエンジンのある重い前部が沈み、後部は浮き上がった前傾姿勢となります。前席にいるのならば、リクライニングシートを倒して後ろに移動しましょう。この時点では後ろのドアはあまり水に浸かっていないので、力をこめれば開く可能性は高いです。ただ水の抵抗があるので、ドアを開くには多少の力が必要になります。

【LEVEL4:ドアも窓も開かない水位】ガラスを割って逃げる

緊急脱出用の小型ハンマーを車内に常備しておくと便利です。窓を割るときは、サイドウインドーやリアインドーを叩いてください。ウインドーガラスの隅を破砕すると簡単に割れます。

【LEVEL5:ガラスを割るものがない】水没ギリギリでドアを開ける

車内に水が入り、外の水位との差が小さくなった時が最後のチャンスになります。水位の差が小さくなれば、ドアにかかる水圧も小さくなります。それまでは体力を温存しておき、ほとんどが水没する寸前に残りの空間で息を吸い込みドアを押し開けましょう。水中に脱出することになるので、息を止めて浮上できれば無事生還できます。

自分のいる場所によって対応を変えよう

川や用水路に流されているときは、脱出することが安全とは限りません。脱出して川だったら、流されるほうがずっと危険だからです。ガラスの閉まった状態のクルマは、相当な時間水に浮くことができます。津波の時も浮いて助かった人が多かったそうです。

動画で見る脱出法

画像出典:

まとめ

車を運転中に道路が冠水してしまったり、運転が困難な状況になった場合、まずは落ち着いて身の安全を第一に考えましょう。車も大事ですが、自分や同乗者の命が何よりも大切です。もしもの時のために、浸水・水没した車からの脱出方法は覚えておくと安心ですね。

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする