スバル『アイサイト』はリアルに事故を防げる件【動画あり】

突然ですが皆さんはスバルが開発をした『アイサイト』ってご存じですか?その名称は聞いたことがある人もいるかと思います。

アイサイトとは、「ステレオカメラ」と呼ばれる高い認識能力をもったレーダーカメラを用い、人の目と同じように前方の対象を認識し、「もしも」の事故に備えた運転支援システムです。
簡単にいえば、人の飛び出しや追突事故などを未然に防ぎ自動ブレーキをかけてくれる技術です。
この技術は、既にスバル車の『レヴォーグ』『WRX』『レガシー』『インプレッサ』『フォレスター』『XV』など概ねのラインナップに適用されています。

しかし、CMなどで見る飛び出しに対する自動停止の機能に対して半信半疑であったり実際の道路の運転で本当に機能するのかイメージできない、という方も多いのではないでしょうか?
実際にスバル公式の検証動画ではなく一般のユーザー公道で撮影したものが話題になっていますので、スバルアイサイトの機能を下記の動画を確認ください。
※急ぎの方は、0:40あたりより確認してみてください。

出典

この素晴らしい技術は自動運転車の普及に大いに役立ち今後は運転における注意管理の能力も必要なくなる。そんな未来がいつかやってくるのでしょうか?
一方で、完全な自動運転への移行までのタイミングに注意管理能力の低下によるトラブルが増加しないか不安な部分もあります。

とはいえ、日本発信のこの素晴らしい技術が未来に大きく活かされるのは嬉しい限りです。

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする