3億超え!?「ライカンハイパースポーツ」がいろんな意味でヤバイ!

 
ワイルド・スピードにも登場した究極のスーパーカー「ライカンハイパースポーツ」。一体どんな車なのか検証してみました。

ライカンハイパースポーツ

アラブ初のレバノン、ベイルートのスポーツカー専門自動車メーカー『Wモーターズ』が開発したスーパーカー「ライカンハイパースポーツ」

このスポーツカーは2013年2月に開催されたカタールモーターショーで披露され、1台340万ドル(約3億4800万円)という度肝を抜く値段で話題になった

ちなみにライカンハイパースポーツの価格はあのブガッティ・ヴェイロンを超えて世界第2位!

ライカンハイパースポーツ

ライカンハイパースポーツ

インテリアにレザーを使用しステッチには手縫いの金糸が使用され、ディスプレイには3Dホログラムを使用。エクステリアではLEDヘッドライトにダイヤモンドコーティングを施しています。

そして、シートや鍵はカーボンファイバー,チタン,宝石で装飾されている

なんだかよくわからないがすごそう・・・(汗)

肝心のスペックは?

水平対向6気筒ツインターボエンジン。最高出力は760ps、最大トルクは101.7kgmを生むという。また、0-60mphは2.7秒、最高速度は394km/h

これもなんだかすごそうだが。。。性能としてはブガッティ・ヴェイロンのほうが上だそう。

ワイルド・スピードの2015年公開の最新作にも登場!

ライカンハイパースポーツ

ライカンハイパースポーツ

言わずと知れた、ポール・ウォーカーの遺作となった『ワイルドスピード スカイミッション』が大ヒットをとばす中、ワイルドスピード史上最も高価な車で登場でした4億円の世界に7台のライカン・ハイパースポーツに注目が集まっている。

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする